整体院・整骨院接骨院で知っておく集客・集患方法【初級編】


【集客・集患がうまくいかない…】
【集客・集患ってどうすればいいの?】
【知りたくても誰に聞けばいいの?】
【気軽に相談できる人がいない】
【すぐに相談できる人が欲しい】

先生方からこんな声をよく聞きます。切実な悩みですよね!
このコラムでは、過去に2000院以上のホームページ制作に携わり、経営コンサルタントの私が集客・集患方法を初級編として書かせていただきます。

基本的な集客・集患の方法を知っておく事で、現時点でまだ行なっていないことや、次の一手、投資に何をすべきかの判断材料となると思います。ぜひ参考にしてみてください。

『オンライン戦略』と『オフライン戦略』

オンライン戦略

まず、集客・集患方法は大きく分けて2つです。インターネットを使うか使わないかです。
使う方を【オンライン戦略】使わない方を【オフライン戦略】とします。
まずは【オンライン戦略】からご紹介していきます。

オンライン戦略1 ホームページ集客

ホームページを制作し、検索順位を上げてたくさんのアクセスを集め、集客をする方法です。
※検索順位を上げるための方法はいくつかありますが、かなりのボリュームになってしまうので今回のコラムでは省略させていただきます。SEOについてのコラムを待てない!という方は弊社にご連絡ください。

ただ単にホームページを作れば良いわけではありません。検索順位を上げることももちろん大切ですが、見ていただいた患者様に「ここの整体院に問い合わせてみよう」「この治療院なら私の症状を治してくれるかも」と思っていただけように作ることができているか大切です。
いかに患者様目線で作れているかがポイントですね!

オンライン戦略2 PPC(Pay Per Click)広告集客

ホームページ、あるいはランディングページをインターネット上で広告掲載する集客方法です。
※ランディングページとは?
ランディングページとは、画像、写真、キャッチコピー等を用いて売りたいものやサービスを視覚的に訴えかける、1ページで完結された広告用ページです。
詳しくは→https://liskul.com/lp-toha-1530

GoogleあるいはYahoo!の検索結果が表示された画面の上部下部、あるいは左右に表示される広告欄に自分のホームページやランディングページを掲載します。
掲載された広告をユーザー(患者様等)がクリックをし、ホームページに訪れてもらった時点で料金が発生するサービスです。クリック課金制と言えばわかりやすいですね!

ただし、クリックされる率はかなり低く、一般的には1%前後と言われています。
100人が「〇〇駅 整体」「〇〇市 整体」などで検索をし、広告が出てきても100人中1人しかクリックしないということになります。かなり低いです。
その1人を何としても来院に繋げたいですよね。その為には、クリックされて開かれたホームページ、ランディングページがいかに魅力的に作られているかがポイントです。

ちなみに、どのように広告を掲載するかというと、掲載するためのサービスが以下の2つあります。
・Google広告(旧アドワーズ) 詳しくは→https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/
・Yahoo!広告(旧プロモーション広告) 詳しくは→https://promotionalads.yahoo.co.jp/

どちらも初めての方は登録、審査、広告設定とハードルがちょっと高めです。ご興味のある方は一度ご相談ください。

オフライン戦略

オフライン戦略1 紹介カード

実際にいらっしゃった患者様にいかに満足していただくかがポイントなのですが、クチコミを広げてもらう為にお店側も工夫が大切になってきます。
クチコミ=紹介なのですが、紹介をしてもらうために【紹介カード】という印刷物を作りましょう。サイズは名刺サイズで、このようなものです。

デザインや色味は院の内装やロゴに合わせて違和感の無いように作りましょう!
この【紹介カード】のミソは、紹介した人と紹介された人、双方にメリットがある!ということです。
例えば、紹介した人、紹介された人それぞれ初診料無料であったり、自費メニューの20%OFF、というようなメリットです。このカードは来院された患者様全員に必ず配ってください。必ず全員です!
患者様が施術に満足してくれたら自然とクチコミは広がるよ!という考え方ももちろん正解だと思いますし、その通りだと思います。
ですが、集客に繋がる可能性のあること、やれることは全てやりましょう!

オフライン2 患者様アンケート

このような用紙をご用意いただき、患者様に書いていただきます。かなり有効に使える集客ツールですので積極的に集めましょう!
※用紙は弊社で無料でご提供しておりますのでお気軽にご連絡ください。

患者様アンケートを集めるためのポイントは、書いていただくことでメリットをご用意いただくことです。
紹介カードと同じような内容で構いません。自費メニューの割引や次回お会計から1000円OFF等です。
まずは5人分を目指して集めましょう!集めた患者様アンケートの用途は2つあります。

1.PDFにしてホームページに掲載する(可能であれば患者様のお顔写真も)
2.患者様アンケートを院内に張り出す・もしくはファイリングしたものを待合室に置く

いかがでしたか?
すでに行なっていること、まだ行なっていないことがあると思います。

まだ行なっていない戦略がありましたらぜひ導入をご検討ください。
また、あくまで今回ご紹介した集客戦略は初級編です。
まだまだ集客方法はあります。こうしたコンサルも弊社では行なっておりますので、
お気軽にご相談、お問い合わせください。