SEOに効果的なブログの書き方とは?


「ブログ書けと業者に言われても何書いていいかわからない」
「文字数を多く書くように言われてもネタがない」
「毎日書くように言われても業務が忙しくて書けない」

上記のようなお悩みをお持ちの先生が大半だと思います。

大丈夫です!
毎日書かなくても良いですし、毎回5000文字、1万文字書く必要もありません。
『SEOのため』、『検索順位を上げるため』、『業者に言われているから』、というような面倒だと思う要素をまずは一回取っ払いましょう。

そもそもブログを書く目的は、先生が思うことや考えることを患者様に発信するためのツールです。
誰かにやらされる、やらなきゃいけないと思うことで絶対に続きません。
まずは考え方を変えましょう!
出来るときに、書きたいことを書く。それでいいのです。
考え方を変えるところからスタートしましょう!

ブログを書く時の注意点・効果的な書き方

では、早速ブログを書くときに気をつけなければいけないこと、効果的な書き方をお伝えしていきます。

前提イメージとして、ホームページは【専門書】だと思ってください。
例えば、〇〇市にある整体院だとします。〇〇市の整体院の専門書だと考えて、その専門書にはどのようなページがあると専門書として価値が高いですか?
専門書を買う側の気持ちになって考えてみましょう。

私であれば「お店の場所」「営業時間」「料金」「施術方法」といった基本的な情報を知りたいですし、他には「自分の困っている症状の改善方法」「そもそも自分の症状の原因」なども知りたいです。
基本的な情報はホームページを作る上で必ず掲載しておりますので、他の情報をどんどんブログで増やしていくことになります。

この増やす情報、【何を増やすか】が大切なのです。
ブログなので、恐らく読む方はお店や先生に対して一定以上の興味があるはずです。
要するにとことん掘り下げて、専門的な言葉をたくさん使っても良いですし、マニアックな内容でも構いません。
【専門性】や【独自性】の高い内容をどんどん更新していきましょう。

中には肩こり専門治療院であったり、腰専門整体院といった症状に特化した院もありますね。その場合は、その症状や部位に関連することだけに特化してブログも更新していくと良いです。

例えば、肩こり専門の専門書なのに足のことや首のことが書かれたページがあったら、専門書を買った人からすると「え?」ってなりますよね。

これは検索順位を決めているgoogleから見ても同じです。
肩こり専門であれば、肩こりに関する内容をどんどん更新しましょう。施術方法、原因、肩こりの豆知識、肩こりで困っていた患者様の感想等々です。

よくある失敗事例は、完全に先生のプライベートなことを書いているパターン。
『どこどこのラーメン屋にいきました』、『社員旅行でどこどこいきました』、『オリンピックが近いですね』、等々。全く整体や治療に関係のない内容を更新している先生がたまーにいらっしゃいます。
これは絶対にやってはいけません。
整体や治療に関係のないページが増えてしまうと、検索順位を決めているgoogleから見たときに、このホームページは何のホームページなのかわからなくなってしまいます。
これが原因で検索順位が上がりづらくなってしまう、あるいは下がってしまう要因になります。
もし書いてしまっている先生はすぐに削除しましょう!

弊社ではこのようなブログのアドバイスも行なっております。
お気軽にご相談ください!