【整体院・整骨院】目的・ターゲット・周辺環境に合わせた集客術!


整体院・整骨院のお客様を増やすためには、戦略的な集客を行うことが大切です。「良い施術をすれば、勝手に口コミが広がってお客様が増える」と考えている整体院・整骨院経営者の方も多いかもしれませんが、口コミの効果はゼロではないものの、大きな集客は期待できません。

多くのお客様が整体院・整骨院を選ぶ方法で一番多いのは「WEB検索」です。従来のDMやチラシなどのオフラインの集客方法に加えて、WEBを使った効率的な集客方法や、目的・ターゲット・周辺環境ごとに最適な集客術を紹介します。

執筆者紹介

整体院・整骨院・接骨院・治療院に特化したSEO集客用のホームページ制作を行うクリニックエールの代表を務める。

一回目の打ち合わせは交通費を受け取ることなく、全国どこへでも出向き対面で行うことを徹底し、依頼主のことを第一に考えてホームページ制作を行う。

これまで手掛けてきたホームページは2,000件以上。最新のSEOアルゴリズムの徹底分析と治療院に特化した専門性をかけ合わせたホームページ制作により、高い満足度を誇っている。

クリニックエール 代表 篠木 雄大

整骨院集客には2種類ある

整骨院の集客方法は2種類あります。「新規顧客を開拓する集客」「一度ご来院いただいたお客様にリピーターになっていただくための集客」です。

まずは、整骨院のリピーターの割合に関して、アンケート結果を参考にしながら確認していきましょう。

来店客のうちリピーターの割合

整骨院・整体院経営者29名を対象に、「来院客のうちのリピーターの割合」に関するアンケートを行いました。

その結果、リピーターの割合を31~50%と答えた整骨院・整体院経営者は15人と、回答者の過半数を占めました。一方、リピーターを51%以上獲得できている院は全体の約24%(7人)に留まっており、リピーターの増加に悩んでいる院が多いこともわかります。

整骨院のお客様を増やすには、新規客を集めつつ、リピート率も上げる集客術が必須です。以下に、新規客が少ない場合・リピーターが少ない場合、それぞれの集客アップ方法を紹介します。

新規のお客様が少ない場合の集客術

そもそもお客様にリピーターになってもらうためには、院を認知してもらい「新規客」として来院してもらう必要があります。そのため、新規客の獲得は売上アップに欠かせない要素です。

しかし、新規客の割合が少ないことをネガティブに考えすぎる必要はありません。新規客の割合が少ないということは、裏を返せばリピーターが多いということでもあります。つまり、来院さえしてもらえれば、サービスの内容に満足しリピートしてくれる可能性が高いと言えます。今のサービスの質を維持しながら新規客を増やせば、大幅な売上増加が期待できるでしょう。

ポイント
今のサービスの質を維持しつつ、新規客獲得の施策を打つ

リピーターのお客様が少ない場合の集客術

新規客は獲得できているのにリピートしてもらえない、この場合は、リピートしたいと思える決定打がないことが課題です。リピーターを増やすためには、「また来たい」と思えるようなサービス内容となっているか、お客様としっかりコミュニケーションをとれているか、といった点を見直す必要があります。

逆に言えば、新規客は上手く呼び込めているので、一人ひとりのお客様にリピートしてもらえるようになれば、大幅な売上増加が見込めるでしょう。

ポイント
サービスとコミュニケーションを改善し、新規客をリピートに繋げる

整骨院集客はお客様の”ニーズ”を知るところから

効率よく集客するために、まずはお客様の「ニーズ」を把握しましょう。
お客様がどのような方法で整骨院を探しているのか、また、整骨院に何を求めて来院しているのかについてアンケートを行いました。リアルな意見をもとに、集客アップやサービスの改善に繋がる方法を紹介します。

お客様が整骨院を探す手段と、現在の集客方法のギャップ

10代から60代以上までの一般の男女100名に「初めて整骨院に通う時に最も使用する整骨院を探す手段」に関するアンケートを実施しました。

初めて整骨院に通う時に最も使用する整骨院を探す手段

アンケートの結果、約80%(77人)が「WEB検索」と回答しました。WEBで知り得た情報を元に来院する人が非常に多いため、「WEB集客」に特に力を入れる必要があることがわかります。

次に、整骨院・整体院経営者29名に「現在実施している集客手段」についてのアンケート(複数回答可)を実施しました。

現在の集客手段

アンケートの結果、DMやチラシ配り(合計25名)といった、昔ながらの手法を行う整骨院が多いことがわかりました。その一方、WEB集客で重要な「メディア運営」「ホームページSEO」は、合計15名とやや少ない印象です。

SNSアカウントを所持している整体院は16名と比較的多いものの、先にご紹介した「初めて整骨院に通う時に最も使用する整骨院を探す手段」に関するアンケートで、「SNSで検索して来院する」と答えた人は100人中わずか1人。このことから、上手く集客に結びつけられるSNS運用ができていないことも伺えます。

課題点は、来院客のほとんどが「WEB検索」で来院しているのに対し、「メディア運営」や「ホームページSEO対策」を行っている整骨院はわずかだということです。新規客を増やすためには、WEB検索に関する施策を打つことが重要と言えるでしょう。

ポイント
ほとんどの来院客はWEB検索で来院
メディア運営、SEO対策に力を入れることが重要

整骨院に期待するサービス

10代から60代以上までの一般の男女100名に「一度来院した整骨院に通い続けたいと思う理由」についてアンケートを実施しました。

整骨院に通い続けたいと思う理由

70%もの人が「担当施術者の技術が高い」と回答した一方、次いで21%の人が「担当者の接客が良く何でも話しやすい」と回答しました。

施術のクオリティの高さはもちろん、「接客」や「話しやすさ」といったコミュニケーションの部分も求められていることがわかります。

ポイント
お客様のニーズは「施術のクオリティ」と「コミュニケーション」

整骨院の集客方法の決め方

整骨院の集客は、「お客様のニーズに合った集客」と「自分の整骨院に合った集客」を行う必要があります。

まずは、整骨院・整体院経営者29名に行った「今後実施したい集客手段」についてのアンケート結果をご覧ください。

今後行ってみたい集客方法

結果「オンライン広告」が全体の41%と、群を抜いて上位となりました。オンライン広告を打つには費用がかかりますが、お金をかければある程度の集客が見込める広告に頼りたい、と考えている整骨院経営者が多いことがわかります。

しかし、広告以外にも長期的に見ればコストパフォーマンスが高い集客方法もあります。まずは、WEB集客におけるポイントを紹介します。

押し出したいポイントを明確にする

アピールポイントがぼやけていては、お客様の心に訴えかけることはできません。例えば以下のような、自分の院が押し出したいポイントを明確にしましょう。

 例)

  • 施術の専門分野
  • スタッフの人柄
  • 院の雰囲気など

ターゲットを明確にする

集客には「ペルソナ」と呼ばれる、詳細なターゲット像を定めることが重要です。ペルソナとは、職業・年代・性別・ライフスタイルなど、さまざまな情報を明確にした顧客モデルのこと。「できるだけたくさんのターゲットに来院してもらいたい」という気持ちもあると思いますが、ターゲットがぼやけていると誰の心にも刺さりません。その結果、誰にも来院してもらえない可能性が高くなってしまいます。

周辺環境を考慮する

広告を打つ際は、周辺の環境を考慮することも大切です。

 例)

  • 高齢者の多いエリア 高齢者向けの施術やサービスを前面に出す
  • 近くに学校がある スポーツ整骨に重点を置く
  • 駅前 仕事帰りに立ち寄れる時間まで営業していることをアピールする

このように、ターゲットや院の特徴を周辺環境に合わせることで、効率よく集客できます。

整骨院向けの集客方法ランキングTOP8

一般の方100名、ならびに整骨院・整体院経営者29名に実施したアンケートをもとに、整骨院向けのおすすめ集客方法をランキング形式でご紹介します。前章で述べたペルソナやターゲットを考慮した上で、自院に最適な方法を選びましょう。

第8位:電話

問診表に記入してもらった連絡先情報を元に、その後の身体の状態など、お客様の近況を伺う電話をかける方法です。若い人は電話には出ないことが多いため、高齢のお客様をリピートに繋げるために有効な施策です。

第7位:紹介カード

来院客に紹介カードを渡し、知り合いの来院を促してもらう方法です。信頼する人からの紹介は安心感が高くリピートに繋がりやすいため、積極的に活用しましょう。紹介カードを持ってきてくれた人に対して割引を行うなど、来院者に喜ばれる特典を付けると良いでしょう。

第6位:チラシ/ビラ配り

一般の男女100名(10代から60代以上まで)に行った「初めて整骨院に通う時に最も使用する整骨院を探す手段」についてのアンケート結果によると、チラシを見て来院する人は全体の2%でした。しかし、「特に調べずに近所の整骨院に行く」と回答した人も20%いたため、チラシの投函や街頭でのビラ配りで認知度(露出度)を上げる方法も有効と言えるでしょう。

第5位:ポータルサイトへの掲載

ポータルサイトとは、ホットペッパーやEPARKなどの検索・予約機能がついているページのことです。月額費用を支払って契約するタイプが多く、契約すると院の情報をサイトに掲載してもらえます。
メリットは、多くの人が見るプラットフォームに自院の情報を載せることで、一定の流入が期待できること。クーポン価格も簡単に設定でき、クーポン目当ての新規客を獲得できます。ただし、クーポン目当てで来院した新規客をしっかりリピートに繋げる戦略が必要です。

第4位:リスティング広告出稿

リスティング広告とは、広告費を支払って「WEB検索結果」の上位に自院のホームページを表示するサービスです。この方法なら、確実に一定数のホームページ閲覧数を確保できます。ただし、費用は高くなることが多いので、他の施策を行った上で検討するといいでしょう。

第3位:MEO対策

以下の画像のようなページを見たことがある方も多いでしょう。これは、「Googleマイビジネス」に登録された情報を地図上に表示してくれるサービスです。

画像①
画像②

ここに自院の情報を登録することで、Google検索結果の枠外に情報を表示させたり、予約機能をつけたりできます(画像①参照) 。

また、あるキーワードで検索した際、有力候補となる店舗情報を地図情報と一緒に表示するGoogleの機能があります(画像②参照)。ただし、この検索結果には3つしか表示されません。そこで、さまざまな施策を行ってこの上位3つに表示させることを「MEO対策(Map Engine Optimization)」と言います。上位3つに表示されると当然集客率がアップしますが、MEO対策には専門知識が必須なので、専門業者に任せることをおすすめします。 

第2位:SNS運用

Instagram/YouTube/Twitter/FacebookなどのSNSを利用し、積極的に情報発信することで新規顧客を発掘する方法です。 

若い世代を中心に、SNSをきっかけに消費行動を行う人が年々増えています。そのため、戦略的な運用を行えば、効率的に顧客を獲得することが可能です。特にInstagramやTwitterは新規客の獲得だけでなく、コメントやDM等で来院客と気軽にコミュニケーションがとれるため、関係性を築くことでリピート率アップにも繋げられます。また、費用や難しい専門知識が不要なので、誰でも手軽に始められる点も魅力です。 

第1位:ホームページSEO対策

アンケート結果にもあった通り、「初めて整骨院に通う時に最も使用する整骨院を探す手段」で圧倒的1位だったのが「WEB検索」です。つまり、WEB検索で自院のホームページにたどり着いてもらうのが、集客への一番の近道と言えるでしょう。そのためには、自院ホームページの「※SEO対策」が必要不可欠です。 

SEO対策は高度な専門知識が必要なので、専門業者に頼むことをおすすめします。依頼費用はかかりますが、Google検索結果の上位表示を達成できれば、リスティング広告よりも圧倒的にコストパフォーマンスが高いのが特徴。効果的にSEO対策を行えば、長期的に集客し続けることもできます。 

※SEO対策とは:Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれます。「整骨院 渋谷」など、特定のキーワードで検索した際に、自院のホームページを検索結果の上位に表示させるテクニックを総じて「SEO対策」と言います。ホームページの表示順位によって集客率は各段に変わるため、多くの企業や団体等がSEO対策に力を入れています。 

まとめ 

整骨院のお客様を増やすためには、新規客の獲得と、来院客をリピートに繋げることが重要です。集客方法は、自院のターゲットや周辺環境を考慮して選び、効率的に行いましょう。 

中でもおすすめの方法は「整骨院向けの集客方法ランキングTOP8」の中で1位の「ホームページSEO対策」です。クリニックエールでは、整体院・整骨院・接骨院に特化した集客用のホームページ制作を手がけており、これまでに2,000院以上の制作実績があります。「お客の数が伸び悩んでいる」「どのように集客すればいいかわからない」という方や、WEB集客に少しでも興味を持った方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。