【整体院・治療院】効果的なブログの更新方法について

ブログを更新するためには、ネタ探しに15分、記事の作成に30分、見直しに5分とひとつの記事を作成するだけでも約1時間弱の時間が必要になってしまいます。
専任の更新担当者が居ない忙しい先生にとっては、ブログの更新も非常に難しくなりますよね。
せっかく予算をかけてホームページを作成したんだから、最低でも月に1回はブログの更新をしたいところです。
今回は、忙しくてなかなかブログの更新ができない先生向けに、効率の良いブログの更新方法をご紹介いたします。

効果的なブログにするためのポイント

訪問ユーザーにとって有益な内容を発信する

ブログを作成する際の注意点として、訪れたユーザーにとって本当に役立つ情報が記載されているかが重要になります。
サービスと関係のないブログばかりを作成してしまうと、低品質なコンテンツと認識されてしまいます。
SEO効果もマイナスになり、アクセスも増えにい状況になってしまいます。
そのため、ブログの更新をする際はユーザーがどのような情報を求めているかを考えながら、記事を書きましょう。

自分の言葉で発信を

ブログを更新する時に、ニュースサイトや他ページで情報収集をされているのではないでしょうか。
その際に、他のサイトから原稿を全てコピーしてブログを作成してしまうと検索エンジンスパムと見なされてしまいます。
また、先生の方針や考えが反映されていない記事を見た場合や勘違いして訪れたユーザーからクレームになる可能性もあります。
ブログの更新をする際に情報収集は大事ですが、その内容を全てコピーして使用するのではなく、ご自身の言葉に置き換えて作成する必要があるでしょう。

更新頻度を意識しすぎない

SEO対策が目的の場合、どうしてもコンテンツがたくさんあった方がいいとブログの更新頻度は多い方がいいと意識してしまいますよね。
もちろん、ホームページの内容に沿った高品質のコンテンツであれば問題はありませんが、プライベートの事やサービス内容と関係のないブログを更新してしまっては意味がありません。
訪れたユーザーにとっても有益な情報が発信できていない可能性があります。
まずは、更新頻度は意識せずに月に1回でも良いので、訪問ユーザーにとって有益な情報を発信できるブログを作成することが重要です。

効率的にブログを更新する流れ

忙しい先生達にとって効率良くブログの更新を行ってもらうためにも、わかりやすく4つの流れに分けて説明いたします。

1 情報収集やネタ探し

まずはブログのネタを探しましょう。
ブログの更新を行わない日でも、日常的にネタ探しをすることでこの部分にかかる時間を大幅にカットすることができます。
思いついたネタについてはどこかにメモをするなどして、他のことに時間を使えるようにしましょう。

2 記事の作成

情報収集やネタ探しで得られた内容を記事にして行きます。
まずは、見出しから作成することによって、どのような順番で訪問ユーザーに情報を閲覧させていくのかを考えながらブログを作成することができます。
この段階では誤字脱字などは気にせず、内容のたたきを大まかに作成しましょう。

3 画像や体裁を調整する

ここでは画像の作成や文章の見直しを行います。
文章自体が読み手側にとって本当に読みやすい表現になっているか、文章だけでは伝わりにくい箇所に画像があるかなど、ない場合には画像の作成を行いましょう。
ブログの見栄えとしても、画像が多い方がわかりやすいですが、多すぎても画像作成などに時間がかかってしまうため、必要最小限の画像を使用しましょう。
また、ブログ内のレイアウトなどに気をつかうことで訪問ユーザーに読みやすい印象を与えることができます。

4 記事の見直しと公開

最終の確認方法としては、プレビューモードなどで実際にどのように表示されているかを確認し、問題がなければ公開をしましょう。

SEO対策しながらブログの更新をする方法

ブログを読むユーザーにとって有益な情報を発信することが一番重要になってきます。
そこで、どのようにブログの更新をしたらよいのかご紹介します。

  • タイトルが大事なのでの設定は慎重に
  • ブログを読むであろうターゲットをイメージして記事を書く
  • 表示させたいキーワードを決める
  • 表示させたいキーワードで検索上位に出てくるサイトは確認する
  • ホームページ内の関連する記事はリンクを設定する
  • 画像などを設置して読むユーザーの満足度を上げる

効果的なタイトルとは

ユーザーのアクセスを増やしたいけど、どうやってタイトルを決めればよいのかわからないなど、このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お店やサービスの内容について、ユーザーに理解してもらうためにブログの更新をすることは効果的な方法と言えるでしょう。
ブログの更新をする際、タイトルは一番ユーザーの目に留まりやすく、ブログを読んでもらうために非常に大事な役割を補っています。
そこで今回は、効果的なタイトルを設定するためのポイントについてご紹介します。

1 ユーザーの視点で設定を

ブログを読むユーザーは、検索したキーワードが記載されたタイトルからウェブサイトを選ぶ傾向があります。
そのため、タイトルを考える時はユーザー側に立ち、検索するであろうキーワードを決定する必要があります。
例えばですが、自分がブログを読む側だとしたらどのような情報が欲しいでしょうか?
その欲しい情報に合わせてブログの内容に沿ったタイトルをつけましょう。
また、検索した場合は全国の人に表示されるので、地域密着型であればタイトルに地域名を入れるとターゲットも絞りやすく、アクセルの増加へと繋がることでしょう。

2 キーワードはタイトルの前の方に

キーワードの中で最もユーザーに見てもらいたいキーワードがあった場合は、タイトルの前方へ組み込みましょう。
例えばですが、「行ってよかった!EMSの効果とは?」より、『EMSの効果がすごい!実際に体験してわかったこと」というように、商品名や効果というワードをタイトルの前の方に入れることにより、読み手側にもわかりやすい印象を与えられます。

3 文字数は25〜30文字で

タイトルが30文字以上の場合は、検索結果で表示された時に見切れてしまって、最後までタイトルが確認できません。
検索結果の中からブログを読んでもらうためには、25から30文字のタイトルを設定することがポイントです。

ホームページ内ブログと外部ブログどちらがSEOに効果的?

ブログの更新をする際にホームページ内でブログを更新するのか、それとも外部のブログ更新サービスを使用した場合SEOに差が出てくるのか知りたいですよね。
SEO対策の観点から考えると、ホームページ内でブログを更新し続けた方がコンテンツの内容が充実するため効果的です、
外部のブログ更新サービスを使用してリンクURLを貼り付けのみだと、ホームページ(ドメイン)自体が育たないため、できるだけホームページ内でブログを作成し、更新しましょう。

まとめ

コンテンツやブログの更新は継続するからこそ意味があります。
また、SEO対策が目的であれば、更新していないホームページへアクセスが増えることもありません。
目的を持ってしっかりブログを更新することで、見込み客を効率よくホームページから集客することができるでしょう。
週1回や2週間に1回などの定期的に有益な情報を発信することによって、アクセスが増えて検索上位に上がりやすくなること間違いなしです!