【後編】公式LINEの作成方法から治療院・整体院向けの運用方法

公式LINEの作成方法から治療院・整体院向けの運用方法 〜後編:治療院・整体院での運用方法〜

前回に引き続き、LINE公式アカウント(旧LINE@)についてのお話です。
前編では、LINE公式アカウントの作成方法やメリットなどについてご紹介しました。
今回は本題となる、治療院・整体院での運用方法について書いていきたいと思います。
ポイントをしっかりと抑えて、集客に繋げていきましょう。

前回の復習:公式LINEとは?

LINE公式アカウント(旧LINE@)とは、店舗や企業がLINEでアカウントを作り、友達登録しているユーザーに対し様々な情報を提供できるサービスです。 
詳しい内容や設定方法、メリットについては前回の記事をご覧ください。

治療院・整体院での運用

LINE公式アカウントを作成するだけでは、集客はできません。
せっかく登録するからには、機能を駆使して集客につながる運用をしていきたいですよね。
そのためにはどのような対策をしたら良いか、みていきましょう。

施術案内や施術メニュー、料金を紹介する

それぞれの院で行っている施術メニューを配信してみましょう。
テキストでも伝わるかと思いますが、ここでは、「カードタイプメッセージ」や「リッチメッセージ」を使用することをおすすめします。
カードタイプメッセージでは、その名の通りカードのような形でメニュー表が送れる、というイメージです。
リッチメッセージでは、写真や動画と文字を同時に送ることができるので、簡潔に内容を送りたいときや、キャンペーンの内容を記載して送ると良いかもしれません。   
 

クーポンを配信する

LINEのクーポンを利用したことがある、という方も多いかと思いますが、これも治療院・整体院でも利用できますよね。
極端な割引ではなくても、検査無料、追加料金なしで10分施術延長、などでも十分集客効果はあると思います。
メッセージ、タイムラインで配信することができます。
まだ一度も来院したことのないお客様も、クーポンがあるから行ってみようかな、来院するきっかけにもなるため有効性は高いです。

ショップカードの発行する

LINE公式アカウントでは、ショップカード(ポイントカード)の発行ができます。
ポイントが10個貯まったら特典をつけるなどの手法をとれば、リピーターさん獲得につながります。
ポイントカードを紙やカードで発行する必要がないので、院にとっては経費削減にもなりますね。
お客様にとっても、いつも持ち歩いているスマートフォンやタブレットなどの端末でポイントカードを提示できれば、忘れたり失くすこともなくなります。

予約受付を可能に

「LINEで予約」というシステムでは、LINE公式アカウントから来院予約ができます。
ただし、こちらは予約サービスと連携している場合のみ利用が可能です。
予約フォームへの誘導方法にはいくつか種類があります。
こちらをご紹介しますので、それぞれの治療院・整体院のニーズに合わせて設定してみてくださいね。

予約フォームへのリンクを一斉に送信する

友達追加しているユーザーに、一斉送信で予約フォームのリンクを送る方法です。
「メッセージ」「あいさつメッセージ」「応答メッセージ」「AIメッセージ」を用いて送信することができます。

予約フォームをリンク先に設定する

メニューなどにあらかじめ予約フォームへのリンクを設定しておく方法です。
ユーザーが、設定した領域をクリックすると予約フォームに移行することができます。
「リッチメッセージ」「カードタイプメッセージ」「リッチメニュー」に設定することができます。
リッチメニューは固定で表示されますが、リッチメッセージ、カードタイプメッセージでは設定後にメッセージを配信しなければ、ユーザーがリンクにたどり着くことができないため注意が必要です。

特定のユーザーにのみ予約フォームへのリンクを送信する

予約に関する問い合わせがあった場合のみ、予約フォームのリンクを送信する方法です。
この場合は、チャットでお問合せがあり、チャットで返信をします。

全てのユーザーからの予約受付

プロフィール画面に予約ボタンを設置しておく方法です。
プロフィールは誰にでも開くことができるため、友達追加をしていないユーザーでも予約フォームに移行することができます。

今回は簡単にできる運営や、代表的なものを挙げましたが、
このほかにも、色々な機能を使ってできることはたくさんありますので、ご興味のある方は調べてみてくださいね。
 

LINE公式アカウントで運用する際の注意点

アカウント運用をしていく上で、気をつけなければならない点をまとめました。

チャットの保存期間

チャットの履歴には保存期間があります。

  • チャット、スタンプ・・・1年
  • 画像、ビデオなど・・・2週間
  • ファイル・・・1週間
    比較的短いものもありますので、もし送る際には注意しましょう。

メッセージの取り消し、削除が不可能

日常的に利用している個人のLINEでは、メッセージの取り消しが可能ですが公式アカウントではそれはできません。
訂正メッセージ、お詫びのメッセージで月のメッセージ数を稼いでしまわないようにしましょう。

アカウントの運営・管理を全て自分で

運営や管理をLINE側に任せることはできず、治療院・整体院の責任において運営していかなければなりません。
しっかりとLINEの定めるルールを把握し、正しい運営を心がけましょう。

LINE公式アカウントの料金プラン

LINE公式アカウントには、3つの料金プランがあります。
無料プランでも、以前紹介した機能を用いることができるのですが、大きく違うのは月に送ることができるメッセージの件数です。

  • 無料プラン・・・月1000件まで ※追加メッセージ不可
  • ライトプラン(月額5,000円)・・・月15,000件まで ※追加メッセージ 1通 5円
  • スタンダードプラン(月額15,000円)・・・月45,000件まで ※追加メッセージ 1通 〜3円

ただし、この件数は友達1人につき1通とみなされます。
例えば、友達が200人いる場合、一回に送る件数は200件となり月に5回までしか送ることができません。
友達の数や月にどのくらい配信したいのか、などによっても料金プランを検討する必要があります。
スタンダードプランの追加メッセージは件数によって料金が異なりますので、もし友達が増えすぎた時に確認してみてください。

まとめ

2回にわたって、LINE公式アカウント(旧LINE@)の作成方法、治療院・整体院での運用方法についてお伝えしてきました。
すでに導入されている方も、新しい機能や活用法を学ぶことができたのではないでしょうか?
問い合わせや予約は電話での受付のみとされている治療院・整体院もありますが、
特に若い世代だと「電話をすること」にハードルを高く感じてしまい、「電話しかないならいいや」と他の院に変えてしまう方も多いと思います。
スマートフォンユーザーが多い世の中で、LINEから予約や問い合わせができると、その気軽さから利用者が増えていくかもしれませんね。
ぜひ導入を検討してみてくださいね。