【整体院・治療院】ホットペッパービューティーの使い方・集客方法

整体院や治療院を経営されているみなさんはどのような方法で集客されていますか?
店舗を運営している方々にとって、ホットペッパービューティーでの集客を検討されている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ホットペッパービューティーの使い方や、集客方法についてご紹介いたします。

ホットペッパービューティーとは

ホットペッパービューティーとは、リクルートが運営するサロン集客のポータルサイトです。
日本最大級のサロン探しのポータルサイトで、知名度が高いのが特徴です。
ホットペッパービューティーと連動しているフリーマガジン「ホットペッパー」は、有名芸能人が表紙を飾るなど、20代、30代女性を中心に多くの人が利用しているメディアです。
ユーザーに合わせて、フリーマガジンやPC、スマートフォン、アプリなど様々なシーンに合わせたメディアを展開しています。

ホットペッパービューティーの特徴

女性ユーザーに強い

ホットペッパービューティーを利用しているユーザーとして、20代から30代女性が多く、サイトの利用者の約90%が女性となっています。
それだけではなく、働くお母さんやメンズ向けにプロモーションも展開しており、幅広いユーザーが利用しているメディアと言えるでしょう。
各店舗でのカスタマイズ性が充実しており、施術の流れや料金メニューの紹介など店舗のこだわりを伝えることも可能です。

アクションに繋がる構成

訪問ユーザーが、「この店舗行ってみたいな」と思った時にネットで予約ができるようにサイト機能が強化されました。
イメージしやすいように、写真付きの特集ページが組めたり、店舗の雰囲気やメニューなどがアピールできるブログページやフォトギャラリーなどがあります。
また、各ページにクーポンを表示することができるのでユーザーのアクション率を上げることができます。

様々なメディアを持つ

ホットペッパービューティーでは、Webやアプリ、フリーマガジンなどの各メディアでユーザーにアプローチをすることが可能です。
ユーザーは利用シーンに合わせて店舗情報を確認することができます。
また、掲載している情報は管理ツールのサロンボードより管理することができ、予約機能とも連携しているので、顧客管理なども簡単にできることが特徴です。

他の検索サイトとの違い

リクルートが提供しているホットペッパービューティー以外のメディアやPontaポイントと連携したお店(LAWSONやGEOなど)で利用でき、ポイントが貯まる・予約時に使えることが他にはない大きな違いとも言えるでしょう。

ホットペッパービューティーの使い方やプラン

プランについて

ホットペッパービューティーでは様々なプランが用意されており、店舗のニーズに合わせたプランを選ぶことをおすすめします。

プラチナプラン/バリュープラン

検索結果で上位をキープしたい場合は、こちらの閲覧数や注目度が高いプランがおすすめです。
この2つのプランのみ特別に掲載ページを作成できるのも一つの特徴です。
フリーマガジンにも掲載をする場合は、写真掲載数が多くなっています。

シンプルプラン

検索結果では中心に位置しており、プラチナ・バリュープランの次に注目度が高いプランです。
予算を抑えてキャンペーンを打ち出したい店舗や、新規だけではなく常連のお客様にもきてほしい店舗にはおすすめのプランです。

ライトプラン

ライトプランでは、フリーマガジン付きのプランも選べます。
急いで集客をしていない店舗や、こじんまりとした店舗で大勢のお客様の対応が難しい場合はこちらのプランがおすすめでしょう。

ホットペッパービューティーでの集客方法

来てほしいお客様像を明確にする

多くの店舗では幅広い年齢層に人気の〜などと謳っており、誰にでも当てはまってしまうため結果的に誰にも当てはまらない広告になってしまいます。
そのため、まずは来てほしいお客様を明確にして発信することで、多くの人に響く広告になります。

キャッチコピーが重要

ホットペッパービューティーではキャッチコピーを記入する部分がありますが、ここを他の店舗と差別化しましょう。
先ほどもお伝えしたように、来てほしお客様をイメージして作成しましょう。
店舗の情報をそのままキャッチコピーにするのも良いでしょう。
例えばですが、個人経営をしている店舗様であれば「1日○組限定!オーダーメイド整体」などです。

写真のクオリティを大切に

ホットペッパービューティーで集客を行う際は、他の店舗とも並んで比較されるので写真のクオリティが重要になってきます。
店舗内の写真を使うことが多いですが、場合によっては施術の写真を掲載したり、スタッフの写真を掲載しても良いでしょう。
写真の変更も簡単ですので、複数の写真を用意しておき、時期によって使い分けすることもおすすめです。

売れる商品名を作ろう

ホットペッパービューティーには様々な店舗が掲載されていますが、よくあるメニューでは客単価は上がりません。
よくある例として以下のようなメニューが上げられます。

  • 猫背矯正 60分 6000円
  • 鍼灸治療 90分 8000円
  • ダイエットプラン 30分 3000円
    などです。
    他の店舗でも同じようなメニューを掲載しているので、価格競争が発生して価格を下げないと行けなくなりますよね。
    そこで、ユーザーが何故そのメニューを体験したいのかをそのまま考え、メニュー名にしてしまえば良いのです。
  • 猫背矯正 → 人から猫背と言われる → もう猫背と言わせない!猫背改善トレーニング
  • 鍼灸治療 → 不眠が続いている → 快適な睡眠が手に入る鍼灸治療
  • 小顔矯正 → 最近顔がたるんできた → ○回でマイナス5歳顔!小顔矯正

このように、ユーザーのお悩みや不満をメニュー名に変換してみてください。
他の店舗と差別化ができて、価格競争からのがれ、集客効果も得られることでしょう。
店舗でヒアリングなどをする際に、以下の項目を聞いてみましょう。

  • このメニューを選んだ理由
  • お悩み
  • 他の店舗でも同じようなメニューを受けたことはありますか?
  • その店舗で解決しなかったこと
  • その店舗で不満だったこと

口コミ対策をしっかり行う

ホットペッパービューティーの口コミは、ユーザーのほとんどの方が見ている項目です。
ご自身に置き換えてもそうですが、何かを購入する時はレビューや口コミを確認しませんか?
そのため、ホットペッパービューティーの口コミが頻繁に更新されるように対策を行いましょう。
口コミ投稿の限定クーポンなど発行するなど工夫が必要です。

競合店が多いエリアは不利?

ホットペッパービューティーでの集客を始める際に注意が必要なのが、同じ地域に競合店舗が多いかどうかです。ユーザーがホットペッパービューティーを利用して検索する場合、ほとんどの方がエリアや駅名から検索しています。
この時に、掲載されている店舗が多ければ多いほど閲覧されない確率が上がると考えられます。
ホットペッパービューティーを利用する目的として集客があると思いますが、ユーザーに店舗情報を見てもらえないのであれば元も子もありません。安いプランで契約して、掲載順位が下の方になってまった場合には、広告費が無駄になる可能性があります。

ホットペッパービューティーをうまく活用しよう

今回は、ホットペッパービューティーの使い方や、集客方法についてご紹介いたしました。
ホットペッパービューティーはしっかり運用すれば、集客しやすい媒体の一つです。
ホットペッパービューティーをうまく活用して、集客に繋げてみてはいかがでしょうか。