MEO対策とは?Googleマップで上位を狙う方法

MEO対策と言う言葉をたまに耳にするけど、一体どんな意味なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
MEO対策を行ってGoogleマップで検索上位を狙いたいとお考えの方は必見です。
そこで今回は、MEO対策でGoogleマップ上位を狙う方法についてご紹介いたします。

MEO対策とは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、マップエンジンの最適化の事を指します。
日本国内では、SEO(Search Engine Optimization)と合わせて使われる事が多く、広く知られている言葉です。
一般的に、地域を含んだGoogleマップで検索をした際に表示される一覧で、その検索結果で上位を目指す対策の事です。
これまでのSEO対策では、大手のポータルサイトなどが大量の情報を持っており、Google検索の結果を独占している状態で中小企業などのWebサイトは太刀打ちする事ができませんでした。
それに比べて、MEOはGoogleマイビジネスで実店舗を持っている会社が検索結果枠に表示されます。
直接的な事業規模は関係なく、大手企業ともフラットな条件で競う事が可能です。

MEO対策のメリット

スマートフォンが普及した事により、現在地を利用した検索行動が増えています。
例えば「新宿 整体院」のように、地域名とキーワードを組み合わせて検索するユーザーが増えており、実店舗を運営しているビジネスオーナーにとってはMEO対策は多くのメリットがあります。

1.売上に繋がる可能性が高い

MEOにおいて、「地域名+キーワード(サービス名)」で検索するユーザーが多いため、今まさにお店を探している人や、今すぐお店に行きたい人が、来店する可能性が高く売上に繋がりやすいでしょう。
Googleマイビジネスの設定を正しく行えば、電話やWeb予約などのアクションを促す事ができます。

2.費用がかからない

SEO対策やリスティング広告では、コンテンツを作成したり、広告の配信設定をしたりと多くの費用がかかる可能性もあります。
MEO対策は、無料で使えるGoogleマイビジネスを中心に対策を練る事ができるので、費用をかけずに空いている時間にコツコツと進める事が可能です。

3.レビューや口コミ機能で信頼を得る

MEO対策で大きな影響を及ぼすのが、Googleマップや、Google検索を経由したレビューや口コミです。
口コミがたくさんある店舗では、結果的にお店への来店率が増える傾向にあります。
インターネット上でショッピングをする際に、レビューや口コミを参考にして買うという方も多いのではないでしょうか。
多くのユーザーは、より信頼できるお店選びや安心して通えるお店を探しており、この先もこの傾向は続いて行くでしょう。

MEO対策のデメリット

多くのビジネスオーナーにとってメリットが多いMEOですが、運用する上で注意しなければならない点がいくつかあります。

1.Googleのガイドラインを守る必要がある

当然ですが、Googleのプラットフォームを利用しているサービスなので、ガイドラインをしっかり理解して守る必要があります。
ガイドラインを守れない場合は、Googleマイビジネスのアカウントを停止される可能性があるので、十分注意しましょう。

2.評価の低いレビューや嫌がらせがある

レビューや口コミは誰でも投稿できてしまいます。
店舗側が期待しているような内容だけが投稿されるというわけではありません。
Googleマイビジネスを利用して返信する事が出来ますので、評価の低いレビューや口コミが投稿された際には、誠意を持って返信(対応)しましょう。
また、Googleが定める口コミ関するポリシーに違反する口コミがあった場合は、削除リクエストを申請することができます。

3.ローカルパック表示の枠が限られている

MEO対策の結果として、通常の検索結果より上方に表示されるローカルパックと呼ばれる部分の数は3つに限られています。
それ以下の検索結果を確認したい時は「さらに表示」のボタンをクリックする必要があります。
この上位3つに表示される事が重要で、そのためにはコツコツと対策をしなければなりません。

4.すぐに結果を出すのが難しい

どのビジネスにも共通している事ですが、短期的に結果を出そうと思った時には費用をつぎ込む事が1番の近道です。
費用をつぎ込まないのであれば、時間を使う必要があります。
MEO対策では、短期的に成果が出ないからとすぐに諦めるのではなく、3ヶ月〜1年の単位で小さいことをコツコツ積み重ねる事が重要です。

Googleマップ検索で上位表示される仕組みとは

Googleマップで上位表示されるためには、Googleマイビジネスの登録情報が大きく関係しています。
Googleマイビジネス上でのレビューや口コミもランキングに関係していると考えられるので、積極的に投稿してもらうことが重要です。
Googleマップで上位表示するため手順をご紹介いたします。

1.Googleマイビジネスに店舗情報を登録する

まずは、実店舗の名称や住所、電話番号、営業時間、公式ホームページなど、提供可能な情報を全て登録しましょう。
サービス情報の量が表示順位に大きく影響します。
また、店舗の写真を登録することもできるので必ず登録するようにしましょう。

2.NAP情報を揃える

NAP情報とは、「名前:Name」「住所:Address」「電話番号:Phone」のことを指し、この情報を掲載しているWebサイトでは全て統一しましょう。
住所なども、「○丁目○番地」とするのか、「1-2-3」のように統一するのか決定して登録しましょう。

3.Googleマイビジネスへ口コミを投稿してもらう

口コミが多い方が、信用性が高くお店選びの参考になります。
口コミを増やすためには、直接お客様へお声がけをして口コミを投稿してもう他にも、メールやSNSのDM機能を使って連絡することもできるでしょう。
また、口コミ投稿用の短縮したURLも作成することができるので、QRコードを作成するなどして店舗内に貼り付けてもいいかもしれません。
そして、投稿された口コミに関しては必ず返信をするように心がけましょう。

4.SNSや他のメディアからサイテーションを集める

SNSや他のメディアで言及されているほど、Googleがビジネスを理解しやすくなります。
Googleマイビジネスに基本情報の登録が済んだら、SNSで情報発信を行いましょう。
また、どのぐらいの知名度があるかをGoogleは見ている可能性があり、Web情報を収集する上で、お客様との付き合いの仕方、認知度を計測しています。

サイテーションとは

直訳すると引用や言及といった意味を持ち、インターネット上で企業名や店舗名、電話番号またはWebサイト名を言及される行為のことを指します。
これまでのSEO対策で被リンクと言えば、外部サイトに自分たちのWebサイトのリンクを貼ってもらう必要がありました。
サイテーションでは、リンクを貼らなくても言及されるだけでSEO効果があり、検索順位に影響があるのではないかと言われています。

5.積極的に投稿する必要がある

Googleマイビジネスの投稿機能を利用して、店舗情報をユーザーにアピールしましょう。
投稿した内容がGoogleマップで拾われる可能性もあるので、MEO対策を行う上で有利になります。
投稿機能は、最新情報やイベント、クーポン、商品の4種類があるので特徴を活かしてアピールしましょう。

まとめ

今回は、MEO対策でGoogleマップ上位を狙う方法についてご紹介いたしました。
スマートフォンが普及した現代では、検索結果にGoogleマップと連動して地図情報が表示されるので、MEO対策を適切に行う必要があります。
うまくMEO対策をして集客に繋げましょう。