【後編】YouTubeでの集客!チャンネル作成と投稿方法

前回に引き続き、YouTubeの使い方についてのお話です。
前編では、YouTubeのチャンネル作成方法をご紹介いたしました。
今回は、YouTubeの動画作成と投稿方法についてご紹介していきたいと思います。
使い方をしっかりと押さえて、YouTubeでの集客に役立てましょう。

YouTube動画作成と投稿のポイント

YouTubeチャンネル作成の次は、動画作成をして投稿を行いましょう。
動画作成の際は、ユーザーに関心を集めて最後まで視聴してもらう、チャンネル登録をしてもらうなどの効果が獲得できるように留意しなければなりません。

動画を企画する

自分のYouTubeチャンネルでどのような動画コンテンツを配信していくのか、まずは計画を立てます。
1動画ずつ完結する内容でも良いですが、シリーズ動画として作成しても良いでしょう。
定期的な動画配信によってファンを獲得しやすくなります。

STEP1.目標の設定

作成する動画を考える際は、動画コンテンツでの目標として「何を達成したいか」を明確にしましょう。
例えばですが、「治療院の認知度を上げる」「ホームページへの誘導」「チャンネル登録者数のアップ」などが挙げられます。
いくつかの目標を設定しても問題ないですが、できれば一つに絞った方が目標達成へと進めやすくなるでしょう。

STEP2.絵コンテと台本の作成

まずは、動画のストーリーを考えます。
ストーリーを考える際は、以下の内容を把握しておくと便利です。

  • Catch:ユーザーの心をつかむ
  • Appeal:来院予約や施術を行った際のメリットを伝える
  • Motivate:来院予約やホームページへアクセスなどユーザーの行動を促す動機付けを行う
  • Suggest:具体的な行動を提示する

ストーリーが決定したら、絵コンテや台本を作成しましょう。
絵コンテとは、動画の様々なシーンをラフスケッチした物です。
各シーンの説明やカメラの位置、カメラワーク、台詞などを記入します。
絵コンテや台本が必要ない方はこの作業を省いても構いません。必要な方は作成しておきましょう。

STEP3.動画の長さを決定する

ストーリーを検討する際に、動画の長さ(尺)についても決めておきます。
一般的には、撮影した動画を全て流すのではなく、必要最小限の長さに調整する方が良いでしょう。
もし、長い動画を作成する場合は、見ているユーザーが途中で離脱しないような工夫が必要です。

STEP4.撮影場所を選ぶ

撮影場所に関しては、動画コンテンツの内容に適していることはもちろんですが、次の項目を満たす場所を選ぶようにしましょう。

  • 撮影の許可が得られる、または許可が必要ない場所
  • 撮影に必要なスペースがある場所
  • 音声を録るため騒音がない場所
  • 撮影に十分な明るさが確保されている場所

動画を作成する

動画の撮影を行う際は、「自分で撮影する」「専門の業者に依頼する」2つのパターンがあります。
「自分で撮影する」場合は、撮影に必要な機材や編集ソフトが必要になります。
ご自身で撮影を進める場合は、以下の点に気をつけましょう。

  • 三脚やカメラを固定できる場所に設置して手振れを防止する
  • カメラをマニュアルモードにして、意図しないフォーカス機能が働かないようにする
  • アングルや距離を変更して撮影し、ユーザーを飽きさせない
  • 必要な尺よりも長く撮影しておき、動画編集を行いやすくする
  • 用途に応じてマイクを使用する

動画を撮影したら、先ほどの絵コンテに沿って編集を進めます。
編集作業時には以下の点も合わせて編集を行うと、ユーザーの関心を呼び込みやすいので、取り入れてみて下さい。

  • 音声と効果音を必要に応じて挿入する
  • コストの削減
  • 透かし機能を活用して、チャンネル登録を促す工夫をする
  • サムネイルに力を入れる

動画投稿をする

動画の編集まで完了したら、いよいよ動画の投稿です。
ユーザーに関心を持ってもらい、維持するためには定期的な動画投稿の計画が必要です。
例えばですが、週1回は必ず動画を投稿するなどの目標です。
定期的に動画を投稿することによって、ユーザーの動画視聴が習慣化し、集客にも大きな効果が見込めるでしょう。
動画投稿の手順についてもご紹介していきます。

STEP1.初回の電話番号認証

動画を初めてアップロードする場合は、初回に電話番号認証を行わないと使えない機能があるので、必ず認証を行っておきましょう。
認証されると、以下の項目が使用できるようになります。

  • カスタムサムネイル設定
  • 15分以上の動画アップロード
  • ライブ配信
  • Contents IDの申し立てに対する再審査請求

この中で特に、「カスタムサムネイル設定」「15分以上の動画アップロード」の2つはYouTube活動をしていく上で、とても重要な項目となりますので必ず以下のURLより電話番号認証を行いましょう。
既に認証が済んでいる場合は、URLにアクセスすると「お客様のYouTubeアカウントは既に確認済みです」と表示されます。
https://www.youtube.com/verify

STEP2.動画をアップロードする

動画を投稿するには以下の手順で行います。
手順内に出てくる用語についても後ほどご紹介いたします。

1.YouTubeチャンネルを開き右上の「動画をアップロード」をクリック
2.ポップアップが表示されるので、動画を選んでドラッグしてくるか、ファイルを選択から選ぶ
3.タイトル・説明・サムネイルなどを設定(アップロードが開始されると詳細が表示されます)
4.「サムネイルをアップロード」をクリックし、作成したサムネイルを選択
5.視聴者の設定をする
6.視聴者設定の「その他のオプション」よりタグを設定する
7.終了画面・カードの設定
8.公開設定と日時を設定
9.最後に右下の「公開」ボタンをクリック

  • サムネイルとは
    動画の表紙になる画像を指します。
    ユーザーはそのチャンネルのファンではない限り、サムネイルで動画を見るかどうかを選んでいます。
    クリックしたくなるようなサムネイルを作成できるようにしましょう。
  • タグとは
    InstagramやTwitterで使用しているハッシュタグのような役割をしています。
    ユーザーが検索しそうな動画に合わせてキーワード(タグ)を設定します。
    タグを設定することで、YouTubeに対して何に関連している動画なのかを認識させます。
    より興味がありそうなユーザーに関連動画として表示させることも可能なので、必ず設定するようにしましょう。
  • 終了画面・カードとは
    終了画面とはYouTubeの最後に表示される、画面のことです。
    よく見かけるのは、「チャンネル登録・高評価をお願いします」と表示されているものではないでしょうか。
    こちらを設定しておくことで、目標の達成にも繋がりやすくなります。
    続いてカードとは、動画の再生中に画面右上などに小さく表示されるテロップのようなものです。
    クリックすると詳細が見れますので、何か補足の説明が必要な時などに活用しましょう。

まとめ

今回は、YouTubeの使い方後編として、YouTubeの動画作成と投稿方法についてご紹介いたしました。
前回の前編でもお伝えしたように、YouTubeではテキストや画像だけでは表現できない整体院や整骨院、治療院の魅力をユーザーに伝えることができます。
お客様へアドバイスを行う際の説明動画として活用しても良いでしょう。
YouTubeは様々な使い道があるので、これから始める方はぜひ参考にしてみて下さい。