Instagramのマップ機能とは?導入されるとどうなる?

ここ最近、Instagramのマップ機能が話題になってきています。
まだ一部のアカウントのみでしか実装されていませんが、Instagramユーザーがこれまでに投稿した数多くの画像を見ながら周辺のスポットを散策できるので、利便性と期待が高まっています。
近い未来、Googleマップの強力なライバルとなる可能性も秘めています。
これからSNS運用をしていく上で、Instagramのマップ機能について知っておきたい!という方へ向けて、仕組みや内容についてご紹介いたします。

Instagramのマップ機能とは?

Instagramが本格的に「地図検索機能」の実装に乗り出しています。
近年では、飲食店や観光スポットなどを画像検索を利用して探しているInstagramユーザーが増えています。
その状況を踏まえて、位置情報が加わり、現在地を基準とした周辺スポットを検索できるようなマップ機能が追加されました。
現在は、まだまだ段階的な実装で、一部のアカウントには導入されていない場合があります。
この機能が実装されたことにより、ユーザーはGoogleマップなどを開かずに、Instagramのアプリ上でそのまま目的地まで到着できるようになります。
すでにTwitterなどで、この機能について好反応を示しているユーザーも多く、今後は様々なマップアプリに代わり、Instagramのみで画像検索から経路検索まで完結する時代が来る可能性もあります。

マップ機能が実装されると何が変わる?

Instagram上で「地図検索機能」が実装されると、検索ページ上部の一番左に「地図」が追加されます。
アカウントによっては、検索枠の右隣に地図のマークが追加されているケースもあります。
このいずれかをタップし確認すると、今自分の居る位置情報に合わせて周辺の飲食店や美容院などの情報が画像付きで表示されるようになります。
ハッシュタグで検索することも可能なので、例えばですが「#東京整骨院」と入力して調べると、Instagram上で「#東京整骨院」とハッシュタグをつけているユーザーの投稿画像が上位に表示される仕組みとなっています。
投稿の件数が多いお店や、現在位置から近い場所が優先で上位に表示されており、タップすると詳細が確認できるということです。
また、店舗ごとにwebページや営業時間、価格などの情報を設定しておけば「情報を見る」から確認することができます。
店舗の基本情報もここから確認できるので、事前に設定しておいた方が良いでしょう。

日本人向けの最適な機能になっている

Instagramをすでに使用している方はご存知かもしれませんが、Instagramには保存機能があります。
投稿から画像を通して、ビジュアルの情報を得られる上に、店舗の基本情報や位置情報をInstagram上で保存することができます。
今まで、画像検索+保存+現在地までのアクセス方法を調べるツールが一貫してまとまったものがなかなかありませんでした。
Instagramにマップ機能が実装されれば、まさにかゆい所に手が届く機能となり、利用者が増えることは間違いありません。
また、日本人のInstagramユーザーは、ハッシュタグ検索を行う回数が、海外のユーザーに比べて3倍も多いというデータもあります。
開発者の方も、このような特徴を踏まえて
「ユーザーがより簡単に近隣で人気スポットを探せる機能を開発した。中小ビジネスにとって新規顧客に発見してもらうための効果的なツールになると考えている」と述べています。
引用元:https://news.mynavi.jp/itsearch/article/all/5499

マップ機能の2つの強み

マップ機能には大きく2つの強みがあります。
詳しく解説いたします。

1.Instagram上に存在している膨大なデータ

Instagramのマップ機能では、ハッシュタグがついている該当する投稿は全て表示される仕様となっています。
ハッシュタグによっては件数が多くなりますが、人気スポットになればその分、参考画像が自然と増えていくことになります。
また、検索ページに上位表示されている写真もアルゴリズムによって、その都度シャッフルされており、人気の投稿で常に最新のものを閲覧することができます。
Instagramユーザーがより質の高い画像情報を得ることができます。
さらに、Instagramでは画像のみではなく、ストーリーズやリールと呼ばれている動画機能も備わっています。
現段階では、マップ機能には画像のみが表示されていますが、今後、地図上で動画も閲覧できるようになるかもしれません。
ユーザーは、様々な角度で店舗を検索することができるようになるでしょう。
店舗側も動画と写真を組み合わせることによって、訴求が行いやすくなります。
このように、Instagram上にすでに存在している情報の多さも、地図検索機能が持つ強みと言えます。

2.Instagramの徹底的なアルゴリズム解析

Instagramの開発で謳われているミッションとして「大切な人や大好きなことと、あなたを近づける」があります。
2年ほど前から広告から投稿までを一貫して、ユーザーに合わせるような徹底的なパーソナライズを行ってきました。
今回のマップ機能のリリースでも、現在位置からユーザーの好きな物や場所を近づけようとする開発の意図が汲み取れます。
その上、Instagramユーザーは自分と似たような価値観を持つフォロワーを持っており、同じ趣味をもつコミュニティがすでに出来上がっています。
ここで表示されている情報は幅広く、いずれこのコミュニティの趣味や趣向から個々のパーソナリティに近づけていくように最適化を測ってくることが予測されます。

店舗アカウントの対策が必要

Instagramマップ機能の使い道はたくさんあります。
飲食店以外でも、美容院やアパレル、ホテル、整骨院やマッサージなどもInstagramのハッシュタグの件数が多ければ多いほど、マップに表示される可能性が大きくなるでしょう。
最近では、様々な店舗でInstagramのDM(ダイレクトメール)から直接予約できる傾向にあるので、今後は、検索から予約までを全て一貫してInstagram上で完結して行うことができるようになります。
特にコロナ禍で、店舗アカウント側はこのマップ機能を駆使して、検索で優位になるような対策をとってくるはずです。
Instagramにアップする画像のクオリティなどが、今まで以上に求められてくることになるでしょう。

利用者は限定される可能性がある

Instagramユーザーの多くが10代から20代のため、場所によってまんべんなく投稿が表示されるのかが今後のポイントとなります。
ユーザー層が若いため、Instagramで表示されるスポットが全体的に若年層向けになる可能性が考えられます。
Instagramのマップ機能は、他のグルメサイトのように投稿者からの画像提供があり成立してると言えるでしょう。
そのため、よくInstagramを利用している世代が行かない場所になると、そもそもInstagram上で表示されない可能性もあります。
もし、Instagramのマップ機能で表示をさせたいのであれば、積極的に店舗側がハッシュタグをつけて投稿する必要があるでしょう。
このように、情報の公平性という点で見てみると、全国各地、特に地方の地域住民の方も簡単に投稿ができるGoogleマップや口コミサイトの方が、現時点では満遍なく情報が集まることが予想されます。

まとめ

今回は、Instagramのマップ機能の仕組みや内容についてご紹介いたしました。
Instagramのマップ機能はまだ実装されたばかりなので、様子を見ていく必要があるでしょう。
反対に、若年層を集めたい店舗では活躍が期待されます。
今の内からInstagramで対策を行ってみましょう。