Googleペナルティを受けたら?原因と対処方法

ホームページやWebサイトコンテンツのアクセス数を増やすためには、検索ボリュームの多いキーワードで検索上位を狙う必要があります。しかし、ランキング上位を目指すことに注力しすぎて、行き過ぎたSEO対策を行ってしまいGoogleペナルティを受けてしまったというケースもあります。
SEO対策をこれから始める方は、この「Googleペナルティ」について知識をつけておけば、間違ったSEO対策を事前に防ぐことができます。
そこで今回は、Googleペナルティを受けてしまった時の原因とその対処方法についてご紹介いたします。

Googleペナルティとは?

間違ったSEO対策を続けてしまうと、Googleからペナルティの対象とみなされてしまうことがあります。この間違ったSEO対策とは、Googleが提供している「ウェブマスター向けガイドライン」に記載されています。
ペナルティを受けてしまった場合、検索順位が突然下がったり、検索ツール上で記憶されたサイトの情報が削除されるなど、検索ツールからの流入に大きな影響を及ぼします。
不正なSEO対策と捉えられないためにも、ウェブマスター向けガイドラインを一度読んでおくと良いでしょう。

Googleからペナルティを受ける要因

コンテンツやリンクの質が低いとペナルティの対象となります。

質の低いコンテンツとは、他のWebサイトから文章を丸々コピーして作成したコンテンツや、内容が薄いコンテンツ、ユーザーの求めていない情報を発信することです。

質の低いリンクとは、SEO対策で不自然な被リンクをたくさん貼ったり、リンク先のページ品質が低い、低品質なリンクがサイト内に多いことです。
この二つが原因でGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

Googleからペナルティの種類

ペナルティには「手動対策」と「自動対策」の2種類があります。

1.手動対策

手動対策とは、Google側が目視でサイトを審査して、ウェブマスター向けガイドラインに違反していると判断された場合に手動で実施されるペナルティです。順位を下げられたり、インデックスを削除をされることがあります。

手動対策が実施された場合は、Googleサーチコンソールに通知が届きます。手動対策の中にも「サイト全体の一致」、「部分一致」の2種類が存在しており、サイトの全体一致と判断された場合は、全てに影響を及ぼします。
手動対策の対象となる行為についてもご紹介いたします。

  • ハッキングされたサイト
  • ユーザー生成スパム
  • スパム行為が認められた無料ホスト
  • スパム行為のある構造化マークアップ
  • 不自然なリンク
  • 質の低いコンテンツ
  • 不正なリダイレクト
  • 不正なクローキング
  • 悪質なスパム
  • クローキングされた画像
  • 隠しテキストやキーワードの乱用

インデックス削除とは

検索エンジンがWebページの内容をデータベースに保存しています。そのデータベースに含まれて検索されるようになることを「インデックスされる」と言われます。
インデックス削除とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにインデックスされているホームページの情報を削除することです。

2.自動対策

一方で自動対策を受けてしまったサイトは、Googleサーチコンソールに通知が届きません。自動対策では、検索順位の低下やアクセスが減少されるペナルティが科されます。通知が届かないため、普段から検索順位やアクセス数の確認を行い、異変があった場合は早急に対応する必要があります。
Googleアルゴリズムによって自動で検出されたペナルティの場合は、何が原因なのかご自身で特定することは難しいでしょう。

ペナルティを受けた場合の対処方法

手動対策でペナルティを受けた場合は、Googleサーチコンソールより「再審査リクエスト」を送信し、審査が通った場合はペナルティを解除することができます。ただし、ペナルティの対象となった箇所をきちんと改善した上で再審査リクエストを送らなければなりません。

ペナルティの改善方法については、Googleの「手動による対策」レポートを参考に対応を行いましょう。
手動による対策

再審査リクエストで審査が通り、ペナルティが解除された後に必ずしも検索順位が回復する保証はないため注意が必要です。また、不正の度合いに応じてペナルティ解除のための難易度が上がるため、再審査リクエストを数回送信しても解除されない場合があります。

手動対策のペナルティについては、改善するべき項目が明確なので解除しやすいですが、自動対策でペナルティを受けてしまった場合は、解除が難しくなります。順位が回復するまで、ペナルティの原因だと思われる部分を一つずつ修正していく必要があります。

手動対策、自動対策どちらのペナルティに関しても、解除するのが難しいと判断した場合は、別ドメインでサイトを作成した方が検索順位の回復が早い可能性もあるため、手段の一つとして念頭に置いておきましょう。

手動対策ペナルティの再審査リクエスト送信手順

1.レポートの「手動による対策の説明パネル」を展開して、詳細を確認します。
2.影響を受けたページを確認します。
3.問題の種類とその説明を確認します。さらに「詳細」をクリックして詳細情報と問題を解決するための手順を確認しましょう。
4.ペナルティの影響を受けているページを修正します。一部のページを修正しても、検索順位は変わりません。サイトで複数の手動対策ペナルティが実施されている場合は、全てのページで解決する必要があります。
5.Googleが各ページでアクセスできるか確認します。影響を受けているページが「ログイン不要である」、「有料コンテンツではない」、「robots.txt または noindex ディレクティブでブロックされていない」ことを確認します。ページにアクセスできるかどうかは、URL検査ツールを使用しましょう。
6.レポートに記載されている全ての原因を修正したら、このレポートで「審査をリクエスト」を選択します。再審査リクエストには修正した内容を記載しましょう。再審査リクエストをわかりやすくするために、サイトの品質に関する問題を明確に説明、問題を修正するために行った内容、取り組みの結果を記載する必要があります。
7.再審査には時間がかかる可能性があります。進行状況などはメールで通知が届きます。リクエストに対する最終結果が通知されるまではリクエストの再送信は行わないようにしましょう。

再審査にかかる時間

再審査には数日から数週間の時間を要します。リンク関連の一部では、再審査に通常よりも時間がかかる場合があります。
Googleにリクエストが届き次第、メールで通知が行きます。審査が完了した際にもメールで結果が届きますので、審査が遅いからといって複数回の再審査リクエストを送信するのはやめましょう。

まとめ

今回は、Googleペナルティを受けてしまった時の原因とその対処方法についてご紹介いたしました。
もちろん、間違ったSEO対策を行わないことが前提ですが、気をつけていてもペナルティを受けてしまうことがあります。
ペナルティにいち早く気づくためにもGoogleサーチコンソールに登録しておく、普段から検索順位を確認する、アクセス数やコンバージョンに影響がないか普段からチェックを欠かさないことが大切です。
ペナルティを受けてしまった場合は、なぜペナルティを受けたのか原因を確認し、迅速に対応して解除に努めましょう。