【整体院・治療院】ランディングページ制作会社選びに失敗しないコツは?

先日のコラムでランディングページの活用方法をご紹介しましたが、今回はそれを踏まえて制作会社の選び方をご紹介します。
実際にランディングページを作るとなると、数百以上もある制作会社の中から選ばなくてはなりません。中には悪徳業者もいますので、失敗しないための選び方をお伝えします。

最初に決めておくこと

ランディングページの制作会社は数多くあるため、条件をある程度絞ってから探し始めることをお勧めします。

目的

まずは何のためにランディングページを作りたいか明確にしましょう。
なんとなくリニューアルをしたい、デザインを変えたいなどの理由では成果は現れない上にお金が勿体無いです。
例えば、「集客数を5%アップしたい」、「デザインを凝ったものにして若い層の集客をしたい」などの具体的な目的を決めましょう。

予算

予算を明確にすることで条件はかなり絞られます。なんとなく安い方が良いではなく、「○○万円まで」と具体的に決めるようにしましょう。
目安として、料金の相場とそれに見合うサービス内容を以下に記載しますので、どのようなサービスを受けたいのか、それにはどのくらいの予算が必要なのか、検討してみてください。

〜10万円

フリーランスの中でも初心者レベルの方が設定していることが多い金額です。デザインはテンプレートで、アフターサービスなどはないことが多いです。

また、工数を抑えるためにテンプレートを使っている場合が多く、デザインのカスタマイズ性が低い可能性があります。
コンテンツの作成や制作後の修正、競合調査などを自分で行うことができる場合や、デザインにこだわりがなく、コーディングのみを外注したいという場合は、この予算でも良いでしょう。

10万円〜30万円

フリーランスの中でもそれなりに実力がある方や、小規模の制作会社が設定している金額です。ランディングページの相場では、この価格帯が一番多いと言われています。

デザインはテンプレートを使用する会社もあれば、オリジナルデザインで構築してもらえたり、コンテンツの構成まで行う会社もあります。

ただし、各コンテンツに使用する文章は自分で用意しなければならない場合が多いです。
また、制作後の修正等はプランに入っていない可能性もありますので、発注前に制作会社へきちんと確認をしましょう。

30万円〜50万円

フリーランスで実力がある方や、中小企業などが設定している金額です。競合調査やニーズの調査、コンテンツの内容や原稿も用意してくれることが多いです。

また、デザインはオリジナルで制作できる場合が多く、内容の整ったランディングページを作りたい方にお勧めです。
制作後の修正対応は会社によりますので、ここはきちんと調べましょう。

50万円以上

大手の制作会社が設定している金額です。金額はかなり上がりますが、コンテンツも充実します。
コンバージョン率を徹底的に上げたい場合や、デザインにこだわりがある方、全てをサポートして欲しい方にはお勧めです。もちろんデザインはオリジナルで、制作後の修正もサービスに含まれていることが多いです。

また、ランディングページ制作における戦略や原稿なども作成してもらえ、中には定期的なメンテナンス等も行なう会社もあります。

本格的なランディングページが出来上がる分、費用は他に比べてかなり上がります。そのため、本当にこのサービスが必要か、どこまでを行なってくれるのかをきちんと見極める必要があります。

納期

急ぎでなくても納期は設定した方が良いです。「なるべく早めに」など、アバウトなスケジュールを立てると制作会社にとって都合の良いようにスケジュールを組まれてしまいます。
「7月中に」や「8月1日にオープンする」などの具体的な日程を伝えることで、スムーズな制作が可能です。

ランディングページ制作会社の種類

ホームページ制作会社

ランディングページの制作のみを行なっている会社と、制作後の管理・運用を行なっている会社があります。

ホームページ制作会社の場合、実際に制作を行うデザイナーと制作時にやりとりをする営業担当が分かれているケースが多いです。営業担当者が完全に営業のみの場合、制作の内容がうまく伝えられないという問題が発生することがあるため、営業担当者が制作にどの程度関与しているのか等をあらかじめ確認しておくことをお勧めします。

ランディングページ制作のみを専業としている会社の場合、経験や実績があれば完成度は比較的高いと思います。

広告代理店

広告代理店では、制作費と運用費がセットになっている場合が多いです。そのため費用は制作費のみの場合と比べると上がります。
割高になってしまう分、ランディングページのクオリティーは高くコンバージョン率も上がります。広告代理店を選ぶ際は、サポートの内容などをきちんと確認しましょう。

フリーランスのデザイナー

フリーランスのデザイナーはクラウドソーシングなどで探すことができます。ただし、制作のみが基本ですので運用はできないケースが多いです。

また、WEB知識がない方が制作すると、デザインが良くても集客には全く繋がらないランディングページが出来上がってしまう可能性もあります。
リスクはありますが、制作会社に依頼するよりは格安です。担当するデザイナーの経歴や制作実績を見せてもらい、確認することでトラブルは回避しやすくなります。

ランディングページ制作会社を選ぶときのポイント

制作会社の得意分野を確認

制作会社によって、売りにしている分野は異なります。整体院・治療院とは全く違う分野の会社に依頼してしまった場合、成果が現れないという可能性もあるため、必ず確認しましょう。

ホームページに記載がない場合は直接聞いてみましょう。「集客できる」「以前作ったことがある」など抽象的な回答の場合、注意が必要です。
整体院・治療院は専門性が高い分野ですので、医療業界や治療院業界などに注力している会社に依頼することをお勧めします。

制作実績を確認

制作実績は制作会社を選ぶ上で最も注目したい点です。実績数やコンバージョン率などを確認しましょう。また、こだわりのある方は自分の好みのデザインであるかも合わせて確認すると良いかと思います。

ただし、デザインが良くても集客に繋がっていないページなども中には出てくるかと思います。実績数が多ければ良いというわけでもないので注意が必要です。

何社か見積もりを取る

1社のみを見て決めてしまうのは、リスクがあります。似たようなプランを提供している会社を探し、3社程見積もりを取りましょう。
見積もりを取った上で、金額と詳細のプラン内容を確認してください。その中でご自身のイメージするものと一番近い会社を選ぶことをお勧めします。
ただし、見積もり数も多ければ多いほど良いというわけではないため、できる限り厳選してください。
多くの会社に見積もりを依頼して中途半端な説明を受けるよりも、少なくてもきちんと詳細を確認できる方が効率的です。

ランディングページ制作はクリニックエールへ

クリニックエールでは、ランディングページの制作も行なっております。
ぜひお気軽にご相談くださいませ。