ブログ記事に設定するキーワードの数は?何回入れる?

ブログ記事を書く際に、キーワードの数や入れる回数はどのくらいが適切なのかわからないという方もいらっしゃると思います。

どのようなブログ記事が評価され、検索上位に表示されているのでしょうか。
今回は、ブログを書く際に設定するキーワードの数と、何回入れたら良いのかをご紹介いたします。

設定するキーワードの数と設定箇所

タイトルや見出し、メタディスクリプション(記事の概要を紹介する文)などに対して、検索でヒットさせたいキーワードを設定する箇所と数に関係があるのか解説いたします。

1コンテンツ1キーワード

SEO対策を行う場合は、キーワードを1つに絞りましょう。例えば、「整体院開業」「整体院集客」「整体院ホームページ」などの3つのキーワードを扱うよりも、それぞれのキーワードで1ページずつ作成した方がユーザーに伝わりやすくなります。何を伝えたいのか明確になるため、Googleからの評価も上がります。

タイトルにキーワードを設定する

ブログを読むユーザーの目に止まりやすいようにタイトルにもキーワードを含めましょう。人間の視線は左側に集中しやすいという特徴があるため、記事の前半にキーワードを入れると効果的です。キーワードは必ず1つ以上入れることが条件ですが、過剰にキーワードを入れてしまうとGoogleペナルティの対象となってしまいます。

見出しのh3以下はキーワード不要

見出しのh2タグはSEO効果が出やすいため、1回ずつ入れます。キーワードが含まれることによって内容がわかりやすくまとまるため、質の高いコンテンツが作成できて評価が高くなります。

ただし、h2にキーワードを含めた状態でh3以下の見出しにもキーワードを入れると不自然さが出てしまい、キーワード出現率が高くなってしまうので入れすぎには注意しましょう。

メタディスクリプションはSEO効果なし

メタディスクリプションは、Googleでサポートされていないため、キーワードを含めてもSEO効果に影響はありません。以前は効果があった時期がありましたが、現在は検索結果に影響しません。

ただし、ユーザーが検索した際にその記事を読むかどうかをタイトルとディスクリプションを読んで判断します。そのため、未設定の状態はあまり好ましくありません。

本文のキーワードについて

一般的に本文には、上位表示させたいキーワードを全体の6%ぐらいに収めることを推奨します。

キーワード数を調整する時の注意点

キーワード数を調整する際は、4つの注意点があるの解説していきます。

1.キーワード選定に注意する

キーワードをブログに設定する際に、一番最初に注意するべきことは「キーワード選定」です。SEO対策におけるキーワードの選び方とは、情報を求めているユーザーに見つけてもらえるようなキーワードを選ぶことです。

ブログを見てくれているユーザーに、整体院の予約やお問い合わせをしてもらうことをゴールとして、ユーザーが検索してくれそうなキーワードを選びましょう。

2.ユーザーの検索意図を考える

ユーザーの検索意図とは、検索キーワードを入力したユーザーのニーズのことを指します。こちらで選定したキーワードがユーザーの検索意図と相違している場合は離脱率が高くなり、成果に繋がりません。キーワードごとにユーザーの検索意図が異なることを認識し、その検索意図に沿ったコンテンツを作成しましょう。

3.キーワードはタイトルや本文に入れる

先ほど、タイトルにキーワードを設定するとお伝えしましたが、ブログ記事内で本文にも入れ込むようにします。キーワードが含まれている方がページが読まれやすくなります。本文の所々でキーワードが散りばめられているとGoogleからの評価も上がります。無理にキーワードを入れすぎて、文章が不自然にならないように注意しましょう。

4.複数のキーワードを設定しない

1つのコンテンツで3つや4つのキーワードを入れて検索上位を狙うことは難しいでしょう。テーマがぶれてしまい、検索ツールとの関連性が下がってしまいます。結果として、いずれのキーワードも上位に表示されないケースが多いので、1コンテンツに複数キーワードを設定するのは控えましょう。

キーワードは何回入れるべき?

1つのブログに入れるべきキーワードの回数ですが、明確には何回とは決まっていません。もちろん、SEO効果を狙うためには1回以上キーワードを含めた文章を作成することが重要ですが、1回だけ入れるというのも間違いではありません。

ただ、Google目線に立って文章を作成するのではなく、ブログを読むユーザー目線に立って記事を作成することでSEO効果を発揮できるのです。ユーザーにフォーカスした記事を作成するのであれば、キーワードは何回入れるべき、見出しは何個必要など考えないはずです。ユーザーの求めいている情報を考えながら作成すれば、自然と文章中にもキーワードが含まれるでしょう。

キーワード出現チェックツールを使う手もあり

先ほど、キーワードの設定回数は明確には決まっていないとお伝えしましたが、何回以上入れれば上位に表示されやすくなるのか知りたい方には「キーワード出現率チェックツール」がおすすめです。使い方をご紹介するので、気になる方は競合のサイトで調べてみて下さい。

キーワード出現率チェックツール

  • 1.キーワード出現率チェックツールにアクセスし、調べるページの「URL」と「キーワード」を入力して、「Check!」をクリックします。
  • 2.「キーワードの出現数」と「出現数」から、キーワードの数が確認できます。

このようにキーワードの数が多いか少ないかを判断して、ユーザーが検索したキーワードの意図に沿っているかどうか確認が可能です。

SEOとキーワード出現数の関係について

キーワード出現率がSEOに与える影響は低いですが、以前はGoogleの検索エンジンに単語を理解する機能が無かったために、キーワードをたくさん含んだ記事が上位表示されている時期がありました。

しかし、現在のGoogleでは、自然言語処理の技術によって類義語を認識し、前後の文脈から意味を判断できるようにグレードアップされました。キーワードの出現率よりも、関連した単語の多さや情報の網羅性などが評価の対象となっています。

SEO対策に役立つ「共起語」「網羅性」とは?

SEO対策をする上で、重要になってくる「共起語(きょうきご)」「網羅性(もうらせい)」についてご紹介いたします。

1.共起語

共起語とは、特定の単語と一緒に使用される回数の多い単語のことを指します。
例えば、「整体」だったら「整体院」や「カイロプラティック」などの言葉です。
表示させたいキーワードだけではなく、共起語も含まれている方がそのテーマについてより深く考えられているページだと認識されます。
このように共起語を入れた方がSEOに効果が現れます。

共起語分析ツール

2.網羅性

網羅性とは、残らず取り入れることや余りなく尽くすことを指します。
特定のテーマだけではなく、関連したテーマを取り入れることによって検索結果が上位に表示されやすくなります。

まとめ

今回は、ブログを書く際に設定するキーワードの数と、何回入れたら良いのかをご紹介いたしました。
1コンテンツごとに1つのキーワードを設定して、SEO対策を行うようにしましょう。ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツやブログが評価されるので、キーワード数よりもユーザーファーストを意識して記事を作成することがSEO対策に繋がります。
クリニックエールでは、ライティング代行を行っておりますので、SEOの知識がない方でも安心してブログ記事の作成ができます。気になった方は、お気軽にお問い合わせ下さい。