LINE広告の仕組みと運用方法。整体院には向いている?

LINE広告とは?

LINE広告とは、コミュニケーションツールLINEでできる広告です。
日本でのLINE利用率は人口の約80%と言われており、その中で約85%が毎日LINEを利用しています。
LINE広告は、静止画での広告をはじめ、動画広告やアプリ広告での配信も可能です。

LINE広告を用いることのメリット

配信先が多い

LINE広告は、トーク一覧やタイムラインで表示されているものが主流ですが、そのほかにもLINEが提供しているアプリやサービスでも表示させることができます。
以下のサービス、ブログでLINE広告を配信することができます。

広告の配信画面

  • トークリスト
  • LINEマンガ
  • LINEブログ
  • LINEニュース
  • LINEポイントクラブ
  • LINEクーポン
  • LINEチラシ
  • LINEマイカード
  • LINE広告ネットワーク
  • LINEショッピング
  • スマートチャンネル
  • ウォレット
  • タイムライン

LINEユーザーが圧倒的に多い

LINEの利用率は、約80%以上と圧倒的に多いため、LINE広告に目を通す人も多くなります。
また、LINEは幅広い層の方が利用しているため、TwitterやInstagram、facebookなどのSNSを普段利用しない人にもアプローチをすることができます。

ターゲティングできる

他の広告とも同じように、LINE広告でもターゲットを絞ることができます。
年齢や性別、地域、さらにはカテゴリーまで絞り、興味のあるユーザーに配信することが可能です。
LINEの公式アカウントの登録履歴や、スタンプなどの購入履歴などを参考に、ターゲットの絞り込みをすることから、「みなし属性」と言われています。

さらに、「オーディエンス配信」と言う配信方法もあり、一度購入したユーザーの情報を利用して、再び購入を促進するために配信することも可能です。

LINE出稿している企業が少ない

以前は、出稿金額の最低額が100万円と決められており、広告を出稿することができる企業が限られていました。
その後、出稿するための基準は徐々に下がってきたため、利用企業が増えつつありますが、まだ企業数は少ないため先行利益を得ることができます。

LINE広告を用いることのデメリット

拡散力が弱い

LINE広告には、他のSNSのようなお気に入りにする機能や、シェアする機能はありません。そのため、自分の画面に表示することができなければ目に触れることもありません。

審査が厳しい

LINE広告は、広告の質を高く維持するために非常に高い審査基準を設けています。
リスティング広告などでは審査は即日行うことができますが、LINE広告は審査だけで数日かかります。

LINE広告出稿の流れ

LINE広告を出稿するためには、あらかじめLINE公式アカウント(LINE@)を作成する必要があります。
LINE公式アカウントについては、こちらの記事をご覧ください。
【前編】公式LINEの作成方法から治療院・整体院向けの運用方法
【後編】公式LINEの作成方法から治療院・整体院向けの運用方法

LINE広告アカウントの作成

アカウントは無料で作成することができます。ただし、ここでまずアカウントを作成できるか厳しい審査があります。

キャンペーンの設定

ここでは、広告の目的、配信予算、期間などの設定を行います。
目的は以下の6つの中から一番近いものを選択してください。なお、一度設定すると変更はできないため注意してください。

  • WEBサイトへのアクセス
  • WEBサイトのコンバージョン
  • アプリのインストール
  • エンゲージメント
  • 友達追加
  • 商品フィードからの販売

広告グループを設定する

広告グループでは、1日の予算やターゲットを設定することができます。
グループの設定ができたら、目的に合わせてターゲットの選択をします。性別や地域などを選択することができます。
次に、配信の設定をします。ここでは、どの画面で配信をするかを決めることができます。
その後、入札単価の設定や課金の設定、入札戦略を選択します。

広告の設定

広告名やフォーマットを設定します。LINE広告では画像を使って短い文章やボタンで広告をすることが多いです。
フォーマットの選択をしたら、それに合わせて画像や文字を入力し完成です。

LINE広告の料金

LINE広告は課金方式で「クリック課金タイプ」と「インプレッション課金タイプ」の2種類に分かれています。
また、アカウント作成などの初期費用は無料で、最低出稿金額も定められていません。

クリック課金タイプ

広告をクリックし、ユーザーがリンクのページに移動すると課金が発生します。広告が表示されるだけでは課金は発生せず、リンク先のページに移動するというアクションが起こった時点で料金が発生します。

インプレッション課金タイプ

スマホの画面で動画が100%表示されている状態を「インプレッション」と呼び、その状態になった時に課金される方法です。
100%未満であった場合、インプレッションとはみなされないため料金は発生しません。

LINE広告の運用方法

実際にLINE広告に出稿して、新規のお客様を獲得するためには対策が必要です。
LINE広告からお客様を獲得し続けるためのコツをご紹介します。

レポートを確認する

広告開始後、インプレッション数やクリック数などをレポートで確認することができます。
このレポートをもとに、年齢層や性別、地域を絞り込んだり、次に出稿する際のターゲティングに役立てましょう。

見出しの工夫

ただ広告を出すだけでは、目を通さない方も多いと思います。見出しをキャッチコピーにするなど目を引かれるような言葉で誘導しましょう。

動画広告を利用する

なかなか効果が現れない場合には、動画を利用してみるのもお勧めです。
広告で大切なのはまずユーザーの目に留まることです。
動画は写真をスライドショーにしたものや、スマートフォンで撮影したものなど、簡単なもので構いません。

整体院には向いている?

結論から言うと、LINE広告は整体院や治療院などで登録することはできません。
これは、LINE広告審査ガイドラインによって決められています。
ただし、パーソナルトレーニングを行っている院ではLINE広告を利用することができますので、活用してみてください。

広告についてのご相談はクリニックエールへ

クリニックエールでは、お客様に合った広告の方法を提案いたします。
LINE広告の他にも広告方法はたくさんあるため、広告に関してお困りのことがありましたら一度ご相談くださいませ。