【整体院・治療院】ランディングページ(LP)の活用法

Google広告やYahoo!広告をクリックした際などによく表示されるランディングページ(LP)ですが、どのようなページがご存知でしょうか?
ランディングページ(LP)を作ってみたいけど、活用方法がわからない、通常のホームページとの違いなど、たくさん疑問がありますよね。
また、すでにランディングページ(LP)を持っているけど、なかなか効果が出ないなどのお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、整体院・治療院のランディングページ(LP)の活用法をご紹介いたします。

ランディングページ(LP)とは

ランディングページと(LP)は、ユーザーが検索結果や広告などを経由して最初に訪れるページのことです。
ユーザーがWebサイトに着地する意味(land)を基にこの名前がついたと言われています。
省略されて「LP」とも呼ばれています。
日本では、ユーザーのアクションを誘導するために特化されており、縦長のページで作成されることが多いでしょう。
具体的にユーザーが起こすアクションとして以下のような目的があります。

  • 商品の購入やお問い合わせ → 売上のUP
  • イベントや来院などの予約 → 見込み客の確認
  • 無料体験会などの申し込み → 見込み客の確認
  • 求人募集などの申し込み → 人材獲得

検索結果やリスティング広告、SNSなどから訪れたユーザーを直接的に商品の購入やお問い合わせ、予約などのアクションに結びつけるためのページの役割をはたしています。

ランディングページ(LP)の特徴とは

縦長のページであることが多い

ランディングページ(LP)では、集客や商品の購入を目的としたページのため、情報量が多くなっており、集客からお問い合わせへの誘導が単独のページで行えるように設計されています。
簡単にいうと、営業セールストークの部分を1ページで再現した構成となっています。
情報量を詰め込むので、縦長のレイアウト(Webページ)になります。

他ページへのリンクが少ない

ランディングページ(LP)では、他のページへのリンクがあまりない作りになっていることが多いです。何故なら、訪問したユーザーへ商品の購入やお問い合わせのアクションを起こさせるためです。
他のページへのリンクを設置してしまうと、回遊性が上がりそのランディングページ(LP)から離脱してしまう確率が高くなります。
ランディングページ(LP)では、ページの出口を商品の注文やお問い合わせなどのアクションを起こすためのページとなっているため、必然的にコンバージョン率も上がります。

コンバージョン率とは?

コンバージョンとは、訪れたユーザーがそのページで目標としているアクションを起こしてくれた状態の事を指します。
例えばですが、整体院で予約に特化したランディングページ(LP)を作成したとします。
そのページに訪れたユーザーが予約をしてくれたら、コンバージョン達成です。
この達成率の事をコンバージョン率と言います。

デザインが自由

先ほども説明したように、ランディングページ(LP)ではコンバージョンに直接結び付くページ以外のリンクやURLは必要ありません。
そのため、ホームページなどで設置されているサイドバーやメニューなども必要がないので画面を広く使うことができます。
ランディングページ(LP)では、レイアウトの制限がないので、自由なデザインでページを作成することが可能です。

インパクトが大きいものが多い

ランディングページ(LP)の特徴として、単独のページでコンバージョンを獲得することに長けているので、ユーザーにピンポイントでアピールできるようにわかりやすく、インパクトの強いデザインであることが多いです。
また、縦長のページをスクロールしやすいように文章よりも、画像を多く使用しています。
チラシやテレビCMのような広告的な要素が強いデザインであることが多いでしょう。

整体院・治療院のランディングページ(LP)活用方法

店舗を構えている整体院や治療院などではクーポンや口コミサイトなどを使用した集客が一般的ですが、ランディングページ(LP)を効果的に活用できるとさらに集客にも効果が出るでしょう。
ランディングページ(LP)を作成する際に以下のような配慮を心がけてみてはいかがでしょうか。

  1. 店舗が複数ある場合は、店舗ごとにランディングページ(LP)を用意して、ユーザーに手間をかけないように気をつける
  2. Web限定のクーポンなどを設置して、コンバージョンのUPを目指す
  3. 離脱や機会損失を防ぐために空き状況などが確認・予約できるものを設置する

こちらの内容以外にも、訪れたユーザーの不安や心理的なハードルを取り除くために、店内の写真をたくさん掲載したり、スタッフの紹介をしたりすることもおすすめです。

直接的なアクセス数をアップさせる

ランディングページ(LP)で効果的な成果を上げるためには、直接的にページへのアクセス数を増やすことです。
どのように増やすかというと、リスティング広告を活用したり、SNS(Facebook・Twitter・Instagramなど)でのアピールしたり、チラシやパンフレットにQRコードを活用するなど様々な方法があります。

ホームページからランディングページ(LP)へ誘導

反対にSEOに強いホームページからランディングページ(LP)へユーザーを誘導する方法もあります。
ホームページとランディングページ(LP)を連携することによって、コンバージョン率のUPも狙えます。
コラムや基礎知識などのページを読み終わって満足してしまうユーザーへは、ページ下部にランディングページ(LP)へと誘導するバナーなどを設置することで、お問い合わせや予約を獲得できるでしょう。
近年では、リスティング広告などの価格高騰が指摘されているので、今後はホームページでSEOをうまく利用しながらランディングページ(LP)の効果を引き出すような対策が必須となってくるでしょう。

スマートフォン対応が必須

ここ近年ではスマートフォンからのアクセスが増えており、スマートフォンに対応していないランディングページだと、ページ全体が読みにくく離脱率が上がってしまいます。
コンバージョンを獲得するチャンスを損失してしまうので、今後ランディングページ(LP)を設置する機会があれば、スマートフォンも対応しているサービスを活用することをおすすめします。

ヒートマップをうまく活用する

ランディングページ(LP)では、ユーザーのニーズに沿った構成でないと、効果が出せません。
手当たり次第に広告に費用を注ぎ込んで流入数を増やしても結果が出るとは限りません。
作成したランディングページ(LP)の情報や配置が不十分だったり、デザイン面で何か問題があるとコンバージョンに繋がらない可能性も出てきます。
そこで、ヒートマップを使用してユーザーの動きを読み取って改善することが大事です。
ヒートマップでは、ユーザーがどこを多くクリックしているのかなどWebページ上での動きが読み取れます。
ユーザーの関心が高い部分も一目瞭然ですし、クリックしたい部分にあまり色がついてない場合は改善が必要です。

うまくランディングページ(LP)を活用しよう!

今回は、整体院・治療院のランディングページ(LP)の活用法をご紹介しました。
ランディングページ(LP)をうまく活用することで、集客や見込み客の発見など様々な効果が期待できます。
うまく活用して目的を達成してみてはいかがでしょうか。