整体院のLP(ランディングページ)の内容はどうやって決める?

WEB上で広告や検索結果を開いた際に表示されるランディングページ(LP)ですが、興味があっても活用の仕方がわからない、どうすれば効果の出るランディングページができるのかなどと疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。
今回は、ランディングページを作成することで得られる効果や制作時の内容の決め方についてご説明いたします。

ランディングページとは?

ランディングページとは、ユーザー(お客様)がクリックした際に一番初めに開かれるページのことです。ランディング(landing)は着地を意味する言葉で、「着地先のページ」と解釈するとわかりやすいかと思います。
ランディングページは、縦長の1ページに作られることが特徴です。お問い合わせまでのアクションへ誘導することを目的としたページで、集客や販売促進に使われることが多いです。

ランディングページの特徴とメリット

縦長の1ページで作られることが多い

ランディングページは1ページで構成されることが大きな特徴です。これにより、整体院の情報が集約されたページを作ることができます。また、お問合せフォームやボタンを作ることで、1ページ内でお問い合わせのアクションまで誘導することが可能です。

リンクが少ない

ランディングページの目的は問い合わせや集客が主であり、1ページ内にあらゆる情報を集約するため、無駄なリンクは入れません。お客様の選択肢を減らし余計なアクションを入れないことで本来の目的に近づくことができます。リンクを入れる場合は、予約ページやお問い合わせページなどの予約や来店につながるものに限られます。

普通のホームページでは、知りたい情報があれば自分でページを探さなければなりません。しかし、ランディングページでは重要な情報を1ページで済ませることができるため、お客様にとってもストレスが少ないと言えます。

コンバージョン率が上がる

コンバージョンとは、簡単に言うと「成果」のことです。例えば、整体院についてのランディングページを作成した場合、ユーザー(お客様)がランディングページを経由して予約まで完了した場合にコンバージョン達成となります。

先程の説明のように、ランディングページはリンクが少なく、他のサイトやページに移ってしまうことはありません。そのため、普通のホームページと比べて予約まで辿り着く可能性が高くなります。

理想的な営業ができる

自分で構築する場合や業者によっては、ランディングページのデザインは自分で決めることができます。もちろんコンテンツの順番も自由に設定でき、これによってお客様を引き込んでいくことができます。通販番組や優秀な営業マンと同じ働きをしてくれるのです。
一部の業者や無料のツールを使用した場合、固定されたテンプレート内での限られたカスタマイズになる場合があるため、注意が必要です。

ランディングページのデメリット

SEOに弱い

ランディングページは、インパクトを残すページを作るために文字よりも画像を多く使うことがほとんどです。SEO対策では、文字数の少ないページはコンテンツの内容が薄いとみなされる傾向があります。

費用が高い

ランディングページの相場は10万円から100万円ととても幅が広いです。しかし、10万円では思い通りのデザインやコンテンツでは作れない場合もあります。料金が安ければその分サポートも手薄くなるためです。デザインはテンプレートを用いることが多く、ランディングページを公開した後のサポート(コンバージョン達成のための対策など)が一切受けられないことが多いです。

また、近年ホームページやランディングページを閲覧する際にスマートフォンを使用するユーザーが多いです。そのスマホ対応の費用を上乗せされる可能性もあります。

料金が上がっていくにつれサポート内容も充実していきます。デザインは完全にオリジナルで作成でき、競合調査やニーズに合わせたコンテンツ作りなどのサポートが加わります。
ただし、数百とある業者の中には悪徳業者もいるため、一概に料金が高ければ良いというわけではありません。サポート内容と料金、必要なサービスを見極め、自身の院に合った業者を選びましょう。

整体院のランディングページ、内容は?

ランディングページを整体院の集客で活用する場合、どのような内容で作るのが良いのでしょうか。以下のポイントを抑え、集客のできるランディングページを作りましょう。

1.整体院で押し出していきたいものを決める

内容を詰め込みすぎて、何を伝えたいのかがわからなくなってしまうことがないようにしましょう。
例えば鍼灸に力を入れている院では鍼灸施術について、腰痛治療に特化している院では腰痛に対する施術について、狭く深くを基本に構成していくと作りやすくなります。

2.1で決めた内容の深掘り

1で決めた特徴を掘り下げていきましょう。どのような原因があるのか、それにはどんな施術が有効なのか、効果はどれくらいで出るのか、などを詳しく書いていきましょう。
薄っぺらい内容はお客様に不信感を与えかねません。説得力のあるページを作っていくことが重要です。
ただし、施術効果について記載する際には個人差があることを必ず記載してください。

3.お客様の声を載せる

整体院を探している方の中には、その院に通っているお客様の声を参考にする方もいらっしゃいます。実際に改善したという声があれば大きな説得材料になります。
通っていただいているお客様にアンケートをとり、お客様満足度を調査したり、リピート率を出してみるのも良いと思います。

4.施術の流れを載せる

整体院に来店してから、お会計をするまでの流れを写真付きで説明すると、実際に院に行く時のイメージが掴みやすくなります。
整体院に一度も行ったことがない方は、施術までの流れがわからず不安な方もいらっしゃいます。実際にどのようなことをするのか分かりやすく記載してあれば、安心感が得られます。
また、写真を入れることによって院の雰囲気も伝えることができます。

5.最後に基本情報を載せる

ランディングページの内容を見て、いざ予約をするとなった時に院の所在地や営業時間等の基本情報が記載されていない場合、ページから離れることになってしまいます。ユーザー(お客様)に手間がかかる上、別ページを閲覧した後に元の予約ページに戻ってきてもらえるとも言い切れません。

ヘッダーなどの最上部に掲載した場合、内容を見た後にスクロールして戻らなければならないため手間がかかってしまいます。そのため、基本情報は最後に載せたり、固定表示させるなど工夫しましょう。

必ず載せたい基本情報

  • アクセス情報:所在地の他に電車、バス、車など、交通機関からの来院方法なども記載するとわかりやすいです。
  • 受付時間:受付時間、当日受付の可否、休業日を記載しましょう。
  • 施術料金:全てではなくても、基本的な施術でいくらかかるのかは気になるところです。必要なところを抜粋し記載しましょう。

6.キャンペーンを実施する

必須ではありませんが、お客様にとって何らかのメリットやお得感がある方が集客しやすいです。例えば、初回の検査料金を無料にする、初診料を無料にする、1000円の割引をするなど、何でも構いません。

その他

他にも、よくある質問や動画などのコンテンツも有効です。ご自身の院の雰囲気や特徴から、その院に合ったランディングページを作ってみてください。

ランディングページ制作はクリニックエールへご相談ください

いかがでしたか?ランディングページをうまく活用すると集客効果を得ることができます。制作費用や広告を出す場合は広告料がかかってしまいますが、初回来院予約の獲得とその後継続的に通ってもらうことができればプラスになっていきます。

クリニックエールでは、ランディングページ制作も行なっております。お気軽にご相談ください。