Facebookの個人とFBページの違いと整体院集客方法

Facebookには、個人のページとビジネス向けのFBページと呼ばれるものが存在しています。
整体院で集客するにあたっては、院長やスタッフの個人ページではなく、整体院のFBページを運用するのが得策です。
なぜなら、個人のFacebookでは打てないような広告施策をおこなうことが可能であるからです。

ここでは、整体院集客にあたり、Facebookをどのようにして活用していくかについて解説していきます。

個人のFacebookとは

個人のFacebookは、日本でも多くの人が活用しているSNSです。
他のSNSと違って、実名で登録するところが特徴です。

例えば、TwitterやInstagramの場合にはハンドルネームが使われます。
そのため、比較的に見知らぬ人とでも交流をすることが多い印象です。

一方、Facebookの個人ページは主に『友人や知人と交流すること』がメインの軸として扱われます。

主にプライベートの情報発信として使われる

遠く離れた友人や、昔なじみの知人との交流がメインとして使われるため、ビジネスにおける情報発信をするには不向きであるといえます。
なぜなら、情報のやりとりが近況報告のようなプライベート寄りの内容であることがほとんどだからです。

他の投稿者がプライベートの話をしているところに、突然ビジネス寄りの話を投稿しているとしたら、どんな印象を持たれてしまうでしょうか?
もちろん、あまり受けが良いとはいえないでしょう。
そのため、ビジネスに対してはFBページを活用することが重要です。

FBページ(Facebookページ)とは

FBページとは、ビジネス用に特化したFacebookです。
企業や著名人、インフルエンサーなどが情報を発信するために生み出されたFacebookの機能です。

「お客様と直接コミュニケーションを行う」ことを目的としています。
FBページを利用すると、個人のFacebookでは使えなかった機能を活用できます。

主にビジネスの情報発信として使われる

FBページでは、企業の紹介やサービスの紹介など、ビジネスに関する幅広い情報発信をおこなうことができます。

基本的にはFBページに「いいね!」をもらった人に対して情報を発信しているため、店舗の評判を落としたり、見込み顧客に敬遠されるということもありません。

個人のFacebookとFBページの違いとは

ここでは、個人のFacebookとFBページの違いについて解説しています。
結論からいうと、整体院を経営されているのであれば、FBページを活用することをおすすめします。

その理由については、

  • 友達の上限数
  • 広告を打つことができるかどうか
  • 分析機能がついている
  • GoogleやYahoo!の検索結果に反映されるかどうか

といったことが挙げられます。
ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

友達の上限数

普通の個人のFacebookでは、5,000人までしか友達になれません。
つまり、整体院を経営されていて、将来的に顧客が増えていった場合に対応できない可能性があるのです。

一方、Facebookページの場合には、友達の上限数に限りはありません。
そのため、顧客が増えていった場合にも同一のアカウントで対応することが可能です。

広告を打つことができるかどうか

個人のFacebookでは、広告を打つことはできません。

一方で、Facebookページの場合は広告を打つことができます。
広告は、性別・地域・職業・興味関心に絞って表示させることができます。
そのため、費用対効果の高い広告運用が期待できます。

分析機能がついている

Facebookページでは、広告に紐づいて、施策結果を分析することができます。
実際にどのくらいの人に見られ、どんな人がアクセスや「いいね」という行動まで起こしてくれたかを知ることができます。
分析結果を活かすことで、コンテンツのさらなる改善を図ることも可能です。

GoogleやYahoo!の検索結果に反映されるかどうか

FBページは検索エンジンの結果に反映されるため、ホームページとして活用できます。
インターネットが普及している現代において、検索しても何も情報が出てこない企業というのは、お客様からの信用に悪い影響を与えてしまいます。

その点において、FBページはGoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果に反映されるため、投稿しておけば信用獲得につながる可能性があります。

一方で、個人のFacebookというのは検索エンジンでは表示されないようになっています。
そのため、ホームページの代わりにするというような使い方はできません。

整体院集客に活かすには

ここまでは、個人のFacebookとFBページの違いについて解説してきました。
実際に、整体院の集客にFBページを活かす方法について、みていきましょう。

リピーター率の向上

整形外科のデータではありますが、新規顧客と既存顧客(リピータ―)の割合は1対9であるといわれています。
整体院も同じような悩みを持った顧客が多いことを考えると、打つべき対策はあまり変わらないといえます。

そのため、「いかに既存顧客を獲得することができるか?」ということが、経営上で重要になってきます。
既存顧客を増やしていくためには、一度訪れていただいたお客様に対して、定期的な情報発信をおこなうのが効果的です。

具体的には、Facebookページへの登録促進をおこなうことです。
整体院に来たお客様に対して、
「今回登録していただいた人にかぎり、当院で使える割引きクーポンをプレゼント!」
などのメリットを示して、Facebookページへの登録を促しましょう。
そして、一度来ていただいたお客様が再来院するように、FBページでお客様に対してアプローチをかけていきます。

新規顧客の獲得

現在、整体院や接骨院などの治療院は50,000店舗にも及びます。
2009年時点では35,000店舗だったことを踏まえると、約10年で15,000店舗もの競合が増えたということです。
そのため、新規の顧客は奪い合いになっています。

そこで、FBページを開設することにより、地域に密着したFacebook広告を出すことが効果的です。
Facebook広告を出すと、「国」「都道府県」「市区町村」「郵便番号」の中から配信する地域を絞り込むことができます。
整体院であれば、比較的せまい地域に根ざしているビジネスであるため「市区町村」「郵便番号」で指定することが多いでしょう。

さらに、

  • この地域のすべての人
  • この地域に住んでいる人
  • 最近この地域にいた人
  • この地域を旅行中の人

からターゲットを絞り込むことができます。

整体院であれば、『この地域に住んでいる人』で指定することにより、広告費を最適化することが可能です。
このように、FBページとFacebook広告を上手に使いこなすことによって、新規顧客の獲得を見込むことができます。

まとめ

今回は個人のFacebookとFBページの違いと、整体院における集客方法について解説してきました。
FBページを使いこなすことにより、あまりコストをかけずに集客をおこなうことができます。

特に、Facebook広告を活用することにより、整体院における既存顧客のリピートや新規顧客の獲得に役立てることが可能です。
FBページを開設すること自体は無料なので、実際に投稿を始めてみるとよいでしょう。